ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀明の予算の政治経済学入門

安倍政権の「骨太の方針」を斬る
参院選を意識し難しいことは先送り

田中秀明 [明治大学公共政策大学院教授]
【第7回】 2013年6月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

安倍政権が4年ぶりとなる「骨太の方針」を決定した。経済財政の構造改革を正面から取り上げた骨太の内容かと思いきや、要は財政再建についてのこれまでの発言を繰り返しただけ。財政再建は約束したが、その中身はなく問題を選挙後へ先送り。だが、安倍政権は改革からは逃げることはできない。

 骨太の方針(正確には、「経済財政運営と改革の基本方針)が、6月13日の経済財政諮問会議で決定され、翌14日に閣議決定された。4年振りの「骨太の方針」である。民主党政権時代には、経済財政諮問会議が開催されなかったが、自民党政権(自公連立)になり同会議は復活した。その最初の公式な文書である。小泉政権時代には、諮問会議が改革の司令塔として機能し、その改革のメニューを表したのが骨太の方針であった。

 そもそも骨太の方針とは、2001年に誕生した小泉政権で最初につくられた政府文書である。小泉首相は、聖域なき構造改革を進めるための政策の骨格を経済財政諮問会議につくらせ、それを政府の方針として閣議決定した。安倍政権の今回の骨太の方針は、従来のそれと同様に、改革のメニューを表した文書となっているのだろうか。

1年も前の見通しをベースに議論

 経済財政諮問会議は法律によって設置された機関であるにもかかわらず、その活動やアウトプットにおいて、残念ながら日本経済再生本部(その設置は閣議決定)によって設置された産業競争力会議に比べ見劣りする。

 産業競争力会議は、本年1月からこの6月まで11回され、毎回膨大な資料が配布され、検討が行われてきた。一方、諮問会議は、第1回(1月9日)から第14回(6月6日)まで開かれており、回数としては産業競争力会議を上回っているが、問題はその中身である。特に、財政関係である。経済や産業政策は競争力会議で検討するとしても、財政政策は諮問会議でしか議論の場がないからである。

 第2回(1月22日)で、民間議員から、諮問会議の今後の検討課題として、骨太の方針の策定に向けて、財政については、①主要歳出分野における重点化、②平成26年(2014)度予算に向けた基本的な考え方、③効率的・効果的な財政を実現するための仕組みの確立、④中長期の財政健全化に向けた基本的な考え方などが示された。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀明[明治大学公共政策大学院教授]

たなか・ひであき
1960年生まれ。1985年、東京工業大学大学院修了(工学修士)後、大蔵省(現財務省)入省。内閣府、外務省、オーストラリア国立大学、一橋大学などを経て、2012年4月から現職。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス修士、政策研究大学院大学博士。専門は予算・会計制度、公共政策・社会保障政策。著書に『財政規律と予算制度改革』(2011年・日本評論社)、『日本の財政』(2013年・中公新書)


田中秀明の予算の政治経済学入門

日本政府の抱える借金は、何とGDPの約2倍に達する。財政再建は待ったなしと、これまでに何度もトライされてきた。だが、いずれもうまくゆかず借金は膨らむばかりだ。なぜ、財政再建はとん挫するのか。財務省出身で、気鋭の財政学者が、予算策定から決算至る予算の一生に分け入り、制度・仕組みの問題点を指摘し、無駄をなくし、効率的な予算を実現するため方策を提言する。

「田中秀明の予算の政治経済学入門」

⇒バックナンバー一覧