ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

菅直人財務大臣に期待する

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第113回】 2010年1月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

結果オーライの財務相交代

 藤井前財務大臣の辞任の後を受けて、菅直人副総理が財務大臣を兼務することになった。報道によると、藤井大臣の辞任にも、後任者の決定にもある程度の裏事情がありそうだが(主に小沢幹事長との確執や同氏の意向などに関して憶測的報道がある)、結果的に国民にとって望ましい人事に至ったのではなかろうか。

 先ず、藤井財務大臣が結果的に「名誉ある撤退」の道を得たことが良かった。本連載で以前に書いたように(「『44兆円』をめぐる鳩山政権の迷走」、2009年12月17日)、藤井財務大臣の就任以来の仕事ぶりには幾つかの問題があった。

 簡単にまとめると、(1)円高を積極的に容認するかのような発言を行ったこと、(2)国債発行額44兆円への無意味な拘り、(3)マニフェストの軽視、加えて(4)財務省が予算の主導権を持つという路線を強く打ち出そうとしたこと、などだった。

 藤井前大臣のご健康が正確にどういった状態にあるのかは分からないが、トラブルによる辞任や更迭ではなく、健康問題による辞任であったことは、決断と説明が苦手な鳩山首相にボロを出させないという意味でも良かった。ねぎらいと一安心が入り交じった気持ちでだが、一国民としては藤井氏に「お疲れ様でした」と一声掛けてあげたい気持ちだ。

 後任の菅直人氏は、予算編成の過程で目立たないながらもそれなりの役割を果たしたとの評価もあるようだが、率直に言って、政権発足後の働きぶりは期待を下回るものだった。菅氏が所管する国家戦略室が予算編成の大方針を示せなかったことが、民主党の謳う「政治主導」の印象を薄いものにしたし、予算編成における財務省主導の実態を前面に押し出すことになった。あるいは、亀井郵政問題担当相による日本郵政の社長人事なども、副総理格で国家戦略担当という立場を考えると反対できたはずだ。菅氏が不活発であったことで、新政権の民主党らしさが随分後退したものになったことが否めなかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧