ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

【企業特集】JXホールディングス
総合エネルギー帝国を築く
石油王者の危機感なき危機

2013年6月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

石油精製販売を主力に、天然ガス、電力など複数のエネルギー事業と金属事業を展開する10兆円企業は、巨艦をどう成長させていくのか。大型合併によって誕生した世界に例がない総合エネルギー企業の今を追った。(「週刊ダイヤモンド」編集部 柳澤里佳)

 「レギュラー139円」を掲げるノンブランド(非元売り系列)のガソリンスタンド(GS)。その近所に「レギュラー147円」を掲げる国内最大手「ENEOS」特約店系列のGSがある。ドライバーたちは「安いから」と、ノンブランドGSへと吸い寄せられていく。こんな光景は今、全国各地で日常茶飯事となっている。原因はガソリン流通の構造不況にある。

 ガソリンが供給過剰状態にあり、石油元売り各社は系列GSへ卸すだけではガソリンが余る。販売量を落としたくないため、余剰分をより安価な卸値でスポット市場へと流す。そこから調達するノンブランドGSは、系列GSよりも安値で販売できるというわけだ。

 この影響で系列GSが淘汰されることは、結果的に、元売り各社にとっては不採算なGS網のリストラにつながる。ENEOS約1万1000店を束ねるJXホールディングスにおいても、それは例外ではない。

 JXは石油精製販売を主力に、天然ガス、電力、新エネルギー、石炭など複数のエネルギー事業を展開する売上高10兆円企業だ。事業規模は大小かなりの開きがあるものの、1次エネルギーをほぼすべて手がけ、かつ川下も手がけて最終ユーザーに供給する自らを「エネルギー変換企業」と銘打ち、「巨大なエネルギー帝国を築く」というビジョンを持つ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧