ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系コンサルの仕事をサクサク片づける法
【第10回】 2013年7月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
吉澤 準特 [コンサルタント]

「それ、私がやります!」。
会社の大ピンチは、このひと言で救われた

1
nextpage

「この仕事は誰かがやるだろう。今は忙しいし、見なかったふりをしよう」。こんなご経験はないでしょうか。「担当者がはっきり決まっていない仕事」で、起こりがちなことです。さて本日は、ある会社の大ピンチを救った若手社員のエピソードです。

どの会社にも存在する
「これは誰かがやるだろう」病

「担当者がはっきり決まっていないor決められていない」で放置されてしまう仕事は、多くの組織で存在します。なぜなら、多くの会社組織では、各グループ、各チーム、各担当者に役割が定められており、これら複数にまたがる仕事は「誰かがやるだろう」とつい考えてしまう人も多いからです。

 たとえば、以下のような状況に心当たりはないでしょうか。

A部長 「なあ、この仕事は誰がやっているんだ?もう1ヵ月も進展がないようだが、期限まであと1週間だぞ。状況を教えてくれ」
Bさん 「これは、セキュリティの話だからCさんですよね?
Cさん 「ええっ、違うよ。システムテストの話だからBさんだよ
Bさん 「たしかにシステムテストは私の担当ですが、セキュリティの設定はわからないですよ。やはりCさんにやってもらわないと」
A部長 「どうでもいいから、早くやれよ!

 期限が差し迫らないと本気でとり組まないカルチャーの会社でもない限り、仕事を放置することには何のメリットもありません。むしろ、対処する日数が減ることで、余裕を持った仕事ができなくなります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



吉澤 準特(よしざわ・じゅんとく) [コンサルタント]

外資系コンサルティングファーム勤務。
専門領域において、日本支社のリーダーを務め、ビジネスからシステムまで幅広くコンサルティングを手がける。
プロジェクトマネージャーとして、数百億円規模のシステム運用改善、あるいは組織改革、人材育成に携わることも多い。ITサービスマネジメントの世界基準である、ITIL Managerの有資格者でもある。
業務が広範囲にわたるため、組織の責任者、中間管理職、現場担当者といった、あらゆる層を対象としたコミュニケーション・折衝の経験が豊富。社内の新人研修責任者を務めたこともあり、新人コンサルタント育成の手法についても詳しい。そうした新人からベテランまでの人材育成経験をベースに、「4つのスキル」("聴く"、"伝える"、"段取る"、"動かす")をコアとする仕事術が誕生した。


外資系コンサルの仕事をサクサク片づける法

本連載は、現役の外資系コンサルがやっている仕事術を紹介するものです。
「膨大な仕事量をこなし、かつ質の高いアウトプットを求められる外資系コンサルが何をやっているのか」。
その秘密をお教えします。
「20~30代の、これから社会の中枢を担うビジネスパーソン」や「仕事の質・スピードをよりアップさせたいビジネスパーソン」にオススメの連載です。

「外資系コンサルの仕事をサクサク片づける法」

⇒バックナンバー一覧