ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
2013年後半の経済危機は日本製になる
【第2回】 2013年7月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
神谷秀樹 [在ニューヨーク投資銀行家。ロバ-ツ・ミタニ・LLC創業者]

日本は「30年以内に水素社会に移行」を目標に
イノベーションに邁進すべきだ
原発再稼働は国際的にも無責任

1
nextpage

資源に乏しい日本がイノベーションを起こすべき分野の一つは、原発依存に代わる「水素社会への移行」ではないか。新刊『人間復興なくして経済復興なし!』(亜紀書房)に寄せて、楽観できないアメリカ経済と日本に必要なイノベーションについて聞いた。(聞き手・ダイヤモンド社書籍オンライン編集部)

「やりっぱなし」のバーナンキ退場後が怖い米国経済

――アメリカ経済は好調に見えますが、神谷さんは楽観していらっしゃらないようですね?

 アメリカの第1四半期の成長率は1.8%でしたが、私はアメリカの今後の平均成長率はだいたい2%が良いところだと思っています。人口は増加しており、低価格のエネルギーを手にしたことなど、ファンダメンタルズとして2%成長を実現する力はあると思っています。しかし歴史的に、4%台、3%台、2%台と低下してきた傾向を逆に上げるほどの力はないでしょう。アメリカも人口が老齢化する成熟国である点では日本と同じです。

 問題はQE(量的緩和策)からの脱却です。現在起きていることは、「経済指標が良い」というグッド・ニュ-スが、「QEのスピードを下げる」という「バッド・ニュース」になり、株価や債券価格の低下を導きます。QEについても、これを止めるとか、FED(連邦準備制度)が抱え込んだ証券を放出するとか、短期金利を上げるとかの話ではなく、「スピードを緩める」という程度の話で6月に見たような混乱があるのです。

 例えば、米国の長期金利(10年債)が2%以下(インフレ率と同水準)から、2.5%に跳ね上がりました。(極めて短期間に25%調整)。米国債は通常「インフレ率+1.5%」程度にプライシングされますので、通常に戻るとなると3.5%まで戻さなければなりません。これは十分大きな債券ショックをもたらします。これを怖れて、昨今債券ファンド、途上国投資ファンドなどからは、記録的な金額の資金が流出しています。

 連銀の異常な介入による債券価格上昇相場が終焉し、ノーマルに戻る所謂「リプライシング」の周期に入ったかと思われます。今後FEDがどうするのかわかりません。連邦準備制度理事会のバーナンキ議長は「山に登る」ほうだけやり、「山の下り方」は誰も知らないのですが、誰かに託して彼は退場します。典型的な「やってやりっぱなし」。2013年の後半、どのような市場の展開になるのか、怖いものがあります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


神谷秀樹 [在ニューヨーク投資銀行家。ロバ-ツ・ミタニ・LLC創業者]

1975年早稲田大学政経学部卒。住友銀行、ゴールドマン・サックスを経て1992年より現職。著書に、『たった5人の「大きな会社」』、『さらば、強欲資本主義』(以上亜紀書房)、『強欲資本主義 ウォール街の自爆』、『ゴールドマン・サックス研究 世界経済崩壊の真相』(以上文春新書)など。1984年より米国に在住。


2013年後半の経済危機は日本製になる

日本人が個人で設立し、初めて米国証券取引委員会に登録された投資銀行、ロバーツ・ミタニの創業者として、ヘッジファンドなどの「強欲資本主義」を厳しく批判している神谷秀樹氏。このほど『人間復興なくして経済復興なし!』(亜紀書房)を上梓したのを機に、ニューヨークから見たアベノミクスへの憂慮と危機感、日本の経済復興に向けての提言を語っていただいた。

「2013年後半の経済危機は日本製になる」

⇒バックナンバー一覧