ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーターはイスラエルを目指す
【第1回】 2012年11月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
安藤庄平,谷口直嗣

サムライベンチャーサミット in イスラエル
日本への関心の高さを実感した初訪問

1
nextpage

さる11月6日、イスラエルのシリコンバレー、ヘルツェリアで「サムライベンチャーサミット in イスラエル」が開催され、大成功をおさめた。これを主催した起業支援・投資会社のサムライ・インキュベートの国際担当、安藤氏が、イスラエル・イノベーションセンターのアドバイザー、谷口氏と初訪問の成果を振り返る。(聞き手・ISRATECH編集長 加藤氏)

きっかけは『アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?』

谷口直嗣(たにぐち・なおつぐ)日本総合研究所、CGプロダクションのR&D部門を経て独立。コンソールゲーム開発/企画、Web開発/企画/ディレクション、インタラクティブアートや展示物の開発、スマートフォンアプリの企画、開発などを行っている。最近は関わったプロジェクトを軸にしたソーシャルグラフを形成するWebサービスの企画、ディレクション、某自動車メーカーのITの研究所で研究のためのプロトタイプ開発などを手がけている。

加藤 私は6年ほど前からイスラエルの先端技術を紹介し、日本企業とつないでいく活動をしているんですが、昨年11月にLinkedInのユーザー飲み会でイスラエルのハイテクに詳しい谷口さんとお会いし「イスラエル熱いですよね!」と盛り上がっていました。
で、今年5月末ごろに『アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?』が、ギブン・イメージング(イスラエルのカプセル内視鏡企業)の日本法人社長の河上さんから送られてきて、速攻でアポを取って会いに行き、協力したいとお話ししました。
そしてまず一番に、谷口さんにこの本をお勧めしました。

谷口 それで僕はサムライ・インキュベート代表の榊原さんに「イスラエル、面白いですよ」と本を紹介しました。

安藤 以前にもお話ししましたが、僕らはそれまでシリコンバレーばかり見ていたので、驚きの連続で……。榊原が即、「SVS(サムライベンチャーサミット)イスラエルやります」とフェイスブックに宣言しちゃいました。

加藤 私がちょうど4月のSVS東京に出ていて榊原さんを知っていたので、フェイスブックを見て「いつやるんですか?」と聞いたら、「加藤さんに合わせます」と言われ、6月末に榊原さん、安藤さんとお会いして打ち合わせしたのが始まり。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)




イノベーターはイスラエルを目指す

世界的不況の中でも経済成長を続けるイスラエル。世界的IT企業が買収したがるスタートアップ企業を輩出し、研究開発拠点や先進的な生産拠点が置かれるのはなぜか? 停滞する日本企業のイノベーションに有益なヒントがそこにある。

「イノベーターはイスラエルを目指す」

⇒バックナンバー一覧