ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業の戦略論
【第1回】 2013年7月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
高宮慎一

スタートアップ!ぼくら2000年世代の生き方

1
nextpage

現在、起業ブームと言われる中で多数の起業家が生まれている。スタートアップに「想い」が必要であることはもちろんだが、企業である以上、やはり「企業戦略」は必要だ。本連載では、グロービス・キャピタル・パートナーズのパートナーとして多数のスタートアップに投資し、信頼関係を築いてきた高宮慎一氏に、今の日本の起業家に必要な戦略論をまとめてもらう。
まずは第1回にふさわしく、高宮氏とスタートアップとのかかわりから話を始めてもらおう。

ぼくらはどのような人生を生きるべきか?

 今ほど起業にチャンスがあり、しかも求められている時代はありません。古き良き高度成長期の大企業神話は崩壊しました。2013年現在ソニー、パナソニック、シャープといった日本を代表してきたような企業が不振に喘いでいます。それとともに終身雇用や従業員を家族のように扱う家族主義も崩壊しました。また、カネボウやオリンパスは過去の粉飾決算の問題が突如噴出し、一夜のうちに素晴らしい業績は嘘だったことが発覚し、社会的信用までも失ってしまいました。従業員にとっては、プライドを持って信じていた会社に裏切られ青天の霹靂でしょう。大企業の不振を反映する形で就職氷河期は万年化しています。大学新卒の内定率は年々下がり2011年3月は調査始まって以来最低の74%だったそうです。

 私たちはどのようにキャリアを考えればよいのでしょうか?まずは私たち自身のシゴトに対する考え方を変えるべきでしょう。生活の糧や金銭的な豊かさをえるための手段としてのシゴトから、自分の想いや成し遂げたいことを実現する自己実現のための活動として位置付けるべきでしょう。金銭の多寡を基準に自分の人生を評価することほど空しいことはありません。右肩上がりの経済成長が終わった以上、皆が皆金銭的な意味で成功するのは無理なのです。ですから、自分の中にある想いを明確にし、それを実現するためにコトを起こすこと=スタートアップすることこそが幸せな人生に通じるのです。 

同じ時代の冒険者たち

 私は、所謂“76世代”で、バブルの旨味を享受することがなかった世代です。また大学を卒業する1999年は(といっても私は浪人しているので、1年遅いのですが……)失われた10年、すなわち平成不況の真っただ中で、就職氷河期という言葉が言われだした年でした。

 一方で、大学時代はインターネットバブルと重なっており、イケてるヤツほど大きなチャンスと捉え、学生起業をしたり、ネットベンチャーで働いていたりしました。そういった面白い連中が出入りしていた溜まり場があったのですが、今になって気づいてみると現在私が勤務するグロービス・キャピタル・パートナーズの投資先で、ビットバレー運動を提唱していたネットエイジというベンチャーでした。ネットエイジには創業者の西川さんを始め、76世代を代表する起業家のグリーの創業者の田中さんや山岸さん、ネットエイジの投資先のミクシィの創業者の笠原さんなど、錚々たる面々の起業家たちが集っていました。また、現在のグロービス・キャピタル・パートナーズでの同僚でもあり、ベンチャー・キャピタリストとしての師匠筋にあたる仮屋薗さんも、投資先であったネットエイジの経営に社外取締役として参加していました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高宮 慎一(たかみやしんいち)

株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー Chief Strategy Officer。
グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP) パートナー。GCPではコンシュー マー・インターネット領域の投資を担当。投資先に対してハンズ・オンでの戦略策 定、経営の仕組化、組織造り、国内外の事業開発の支援を実施。GCP参画前は、戦略 コンサルティング会社アーサー・D・リトルにて、プロジェクト・リーダーとしてIT サービス企業に対する事業戦略、新規事業戦略、イノベーション戦略立案などを主 導。GCPでは、アイスタイル(東証3660)、オークファン(東証3674)、しまうまプリン トシステム、カヤック、キューエンタテイメント、ナナピ、ピクスタ、ビヨンド、ラ ンサーズなどへの投資を担当
ブログ:http://www.takamiya.vc/ Facebook:http://www.facebook.com/shin1  Twitter:https://twitter.com/s1kun

 


起業の戦略論

「起業の戦略論」

⇒バックナンバー一覧