ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業の戦略論
【第5回】 2013年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
高宮慎一

何よりも重要な事業ドメインをどう設定するか(2)

1
nextpage

気鋭のベンチャーキャピタリストが、スタートアップのための戦略論を説く連載の第5回。事業ドメインの設定において考慮すべき3つ要素のうち、「1.市場性」を前回解説しましたが、今回は「2.競争環境」と「3.自社適合性」について見ていきましょう。

競争環境:競争優位性を考え続ける

 ドメイン設定を考える際に、競争環境の観点では、競合に対して、明確かつ持続可能な競争優位を築くことができる領域かどうかという視点が重要になってきます。

 まずは、“競合”が誰であるかを正しく把握する必要があります。競合というと、同様の事業を展開する直接競合をイメージしがちですが、代替品も含めた同じ価値を提供する商品・サービスのすべてを競合と認識する必要があります。

 インターネット上で、仕事を依頼したい企業とフリーランサーとをマッチングするクラウドソーシングと言われるサービスの例で考えてみます。クラウドソーシングのドメインは今ホットな領域で、米国では最大手のoDesk上では2012年ですでに360億円もの取引が行なわれています。

 日本でも何社かクラウドソーシング企業はあり、その間での競争はもちろんありますが、この業界の場合、業務委託やアウトソーシングも競合と捉える必要があり、さらにより本質的には、「企業が内部の人員での業務を遂行すること」が一番の競合となります。

 クラウドソーシング企業にとって、どうすれば業務委託やアウトソーシングから仕事を奪うことができるか、そして企業が今までは内部で行なっていた業務をどのようにすればクラウドソーシングに外注するようになるかを考える必要があります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高宮 慎一(たかみやしんいち)

株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー Chief Strategy Officer。
グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP) パートナー。GCPではコンシュー マー・インターネット領域の投資を担当。投資先に対してハンズ・オンでの戦略策 定、経営の仕組化、組織造り、国内外の事業開発の支援を実施。GCP参画前は、戦略 コンサルティング会社アーサー・D・リトルにて、プロジェクト・リーダーとしてIT サービス企業に対する事業戦略、新規事業戦略、イノベーション戦略立案などを主 導。GCPでは、アイスタイル(東証3660)、オークファン(東証3674)、しまうまプリン トシステム、カヤック、キューエンタテイメント、ナナピ、ピクスタ、ビヨンド、ラ ンサーズなどへの投資を担当
ブログ:http://www.takamiya.vc/ Facebook:http://www.facebook.com/shin1  Twitter:https://twitter.com/s1kun

 


起業の戦略論

「起業の戦略論」

⇒バックナンバー一覧