ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

アップルの次は電気自動車を狙え!
台湾企業が目指すEVサプライチェーン

週刊ダイヤモンド編集部 後藤直義
2013年7月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

今年4月、台北市で開かれた国際展示会の「EV台湾 2013」。第3回目となったこのイベントが目指すのは、台湾の“お家芸”であるパソコン分野の「コンピューテックス(COMPUTEX)」のEV(電気自動車)版だ。会場には112社がブースを展開し、2万人を超える来訪者(併設イベント合算数)らを、色とりどりの電気自動車や電気スクーターらが会場を彩った。今回、本誌はEV分野でユニークなビジネスに挑む台湾企業をいくつか訪ねることができた。その一端を紹介したい。

電池パックメーカー大手のSimplo社の高速走行用のEV(試作品)。40キロワットのリチウムイオン電池を搭載し、最高時速は140キロメートル、最長走行距離は288キロメートル(時速60キロメートルの走行実験) Photo by Naoyoshi Goto

パソコンから電気自動車へ
移行続く台湾電子部品業界

 アップルに続く成長エンジンは、電気自動車だ――。

 パソコンやスマートフォンのリチウムイオン電池のパックメーカーの世界大手「新普科技(SIMPLO)」は、この10年間で急成長を遂げてきた企業だ。2001年から11年の10年間で、売上高は25倍以上の約483億台湾ドル(約1449億円、1台湾ドル=3.0円換算)に。その原動力になったはノートパソコンとスマートフォン、タブレット型端末など電子機器だ。現在も売上高の90%以上をパソコン分野で稼いでいる。

 特にアップルは同社の大口顧客の一つだ。今夏にも発売されるといわれている新型のiPhoneを始め、同社の世界的ヒット商品に電池パックを大量供給している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧