ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新しい自分に目覚める4つの質問:ストレスや苦しみから自由になれる「問いかけ」の力
【第3回】 2013年7月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
バイロン・ケイティ [『ザ・ワーク』著者],ティム・マクリーン(訳者),高岡よし子(訳者)

人間関係のストレスや苦しみから解放する
「問いかけの力」
4つの質問が人間関係を楽にする

1
nextpage

世界中で数百万人が実践し、大きな反響を呼んでいる「ワーク」。4つの質問と「置き換え」というシンプルなステップでありながら、短時間でも往々にして劇的といえるほどの深い気づきと具体的変化をもたらすことができる。この「ワーク」を開発したバイロン・ケイティの新著の訳者による連載3回目では、人間関係が楽になる効果的な考え方について紹介する。

よい人間関係を築くために

 人間関係は、最大のストレス源であると同時に、最大の癒しの源とも言えます。また、仕事上の問題の大半は、人間関係の問題であるとも言われます。ワークの考え方や方法を使うことにより、ストレスや苦しみから解放され、相手に対してクリアに関わることができるようになります。

 バイロン・ケイティの新著『新しい自分に目覚める4つの質問』は、小手先ではなく、本当の意味で人間関係をよくするための知恵の言葉で満ちていますが、その中のいくつかの考え方をご紹介しましょう。

1.相手のことは変えることができない。
2.「3つの領域」を区別する。
3.ストーリーを超えて、相手と関わる。
4.自分以外に自分を傷つけることはできない。
5.自分を被害者にしない。
6.相手にしてほしいことを自分に置き換える。

1.相手のことは変えることができない

 コミュニケーションの原則として、相手を変えることはできず、変えることができるのは自分だけというものがあります。ワークにおいても、「人間関係をよくするために必要なのは、あなただけ」であると考えます。

 相手についての自分のビリーフ(信じている考え)に取り組むことにより、それまで自分が見えていなかった現実や新しい可能性が見えてきます。相手はするべきことをするのであり、それを止めることはできません。相手は、私たちにさまざまな感情的反応を起こさせます。相手の問題だと感じることを通じて、逆に自分の課題を理解でき、とらわれから解放され、成長することができます。

次のページ>> 「3つの領域」とは?
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



Photo: Scott London

バイロン・ケイティ [『ザ・ワーク』著者]

1986年に「現実に目覚める」体験をして以来、世界31言語、数百万もの人々にワークを紹介。公開イベントの他、ビジネス、大学、学校、教会、刑務所、病院などで活動している。著書に、全米ベストセラーの『ザ・ワーク』(ダイヤモンド社)、『探すのをやめたとき 愛は見つかる』(創元社)など。

ウェブサイト www.thework.com/nihongo


新しい自分に目覚める4つの質問:ストレスや苦しみから自由になれる「問いかけ」の力

全米ベストセラー『ザ・ワーク』で世界的に注目されたバイロン・ケイティの「ワーク」は、シンプルな4つの質問を問いかけることで自ら気づき、悩みから解放される革命的な方法だ。新刊『新しい自分に目覚める4つの質問』の中から、ケイティから親しく「ワーク」を伝授された訳者が、実際の「ワーク」のセッションのようすや、気づきのきっかけとなるケイティの知恵に満ちた言葉を紹介する。

「新しい自分に目覚める4つの質問:ストレスや苦しみから自由になれる「問いかけ」の力」

⇒バックナンバー一覧