ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エリート人材獲得競争の最前線
【第5回】 2013年8月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
柴崎洋平

日本企業に「超エリートコース」を作る?!
組織・制度の変革は局所的でも着実に始める

1
nextpage

プロクター&ギャンブルやゼネラル・エレクトリックといった外資系企業では、少なからず新卒からエリート採用を実施しています。幹部候補を効率的に育成できるうえ、採用時点でも優秀な人材を引きつけるのに十分な効果があると思われます。

 知られた話ですが、プロクター&ギャンブル(P&G)やゼネラル・エレクトリック(GE)では、新卒学生の「エリート採用」を実施しています。超難関ですが、入社直後から幹部候補として育成されるわけです。当然ながら、採用時点から優秀な人材を引きつけるのに十分な効果があります。

 日本企業にも「超エリートコース」が必要なのではないか−−−−。

 私は常々、そう感じます。もちろん、日本企業も“暗黙の了解”的なエリートコースは各社に存在するでしょう。30歳過ぎぐらいから、営業などの現場だけでなく、経営企画や人事といった管理畑を行き来するなど、「あいつはコースに乗った」というのが見えてきます。

 しかし、そんな風に一律に採用した人材のうち一握りが入社数年後に選ばれる、という悠長な話でなく、採用時から超エリートコースがあることを宣言するのです。そして、職種別採用を前提として、その人の専門性を最初から活かしつつ、全世界の事業を見渡し、早いうちから部下も持てるようにする。もちろん結果は厳しく問うのですが、入社後数年も待たずにどんどんチャレンジしたいという人材に活躍する場を提供することができます。

 この連載で以前、新卒と第2新卒のみを対象にグローバルな評価基準など世界均一の人事制度を導入するよう提唱しましたが、このエリートコースもアイデアとしては似たところがあります。要は、部分的に変えられるところからグローバル・スタンダード化する、というのが狙いです。すべてを変革すると抵抗も大きく負担が大きいため、頓挫しかねませんが、若手から導入することで少しずつでも確実に組織を活性化できるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


柴崎洋平

[フォースバレー・コンシェルジュ株式会社 代表取締役社長]
1998年 上智大学外国語学部卒業後、ソニー株式会社入社。世界10数ヵ国で、 サムスン、モトローラ、ノキアといった世界的なグローバル企業とビジネスを行う。 2007年 ソニー株式会社退社後、 同年、フォースバレー・コンシェルジュ株式会社設立、代表取締役社長就任。世界経済フォーラム(ダボス会議)、Young Global Leaders (YGL) 2013選出。上智大学非常勤講師。


エリート人材獲得競争の最前線

サムスンやグーグルは、新卒でも優秀な学生には1000万円超でオファーするなど、世界の人材獲得競争は熾烈を極める。しかし、日本企業の多くは年功序列であり、採用対象も日本人や日本語のできる外国人が中心だ。本連載では、フォースバレー・コンシェルジュの柴崎洋平社長が、国内外の人材採用支援業務から痛感した、日本企業がグローバル採用で失敗する理由や、世界トップ人材の資質などをまとめ、全6回でお届けする。

「エリート人材獲得競争の最前線」

⇒バックナンバー一覧