ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

GM、フォードが株売却
スズキ、マツダの課題は環境技術

週刊ダイヤモンド編集部
2008年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー

 米ゼネラル・モーターズ(GM)、米フォード・モーターが相次いで所有する日系自動車メーカーの株を手放した。GMは保有していたすべてのスズキ株(発行済み総数の3%)、フォードは保有するマツダ株33%のうち20%を売却。

 スズキ、マツダはGM、フォードにとって優れた小型車開発で重要な役割を担っていたが、「GMが資金調達上、必要に迫られたのを十分に理解した」(鈴木修・スズキ会長)とこれに応じた。

 スズキ、マツダの当面の課題はエコカーの技術開発だ。巨額の資金が必要な環境技術開発を独自で行なうのは難しいため、スズキはGMとハイブリッド車や燃料電池車を、マツダはフォードと同じくハイブリッド車や水素ロータリー用の基礎研究を協業している。
 
 資本関係は変わってもこれら技術開発や海外の合弁工場、OEM供給などの協業はいっさい変更しないと、スズキ、マツダ共に強調するものの、今までのような密な関係を続けられるかは微妙だ。

 GM、フォードの業績が復活した暁には、スズキ、マツダの株を再び買い戻す可能性はあるが、未曾有の世界同時不況でその先行きは不透明だ。

 また、2012年以降、欧州を筆頭に排ガス規制が一段と厳しくなるため、どの自動車メーカーにとってもエコカーの開発は急務となる。

 これらを踏まえると、スズキやマツダはパートナーの業績回復を待つことなく、環境技術開発が進んでいる日系自動車メーカーと協業を模索することが有力視される。ある日産自動車幹部は「スズキから軽自動車のOEM供給を受けている代わりに、電気自動車の技術を渡す可能性はある」と言う。

 「日系自動車メーカーも厳しいとき。資本提携を含めた大型再編はそう簡単には起こらない」(関係者)が、環境技術開発を軸とした資本提携を伴わない技術提携・協業は早急に起こりそうだ。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 柳澤里佳 )

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧