ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」

ヌー大移動の蹄を感じ、極寒のブリザードで凍える!
世界初出店「オービィ」とマークイズの魅力とは

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]
【第11回】 2013年8月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
オービィの館内に入ると、巨大なスクリーンが出迎えてくれる。これは「アニマルペディア」で横18メートル、高さ6.5メートル Photo:DOL

2013年8月19日、世界初のエンターテインメント施設、「Orbi(オービィ)」が神奈川県横浜市みなとみらいの新商業施設、「MARK IS みなとみらい」(以下、マークイズみなとみらい)にオープン。マークイズみなとみらいのすべてのテナントが完成し、本格的なオープンとなりました。注目すべきは、オービィはもちろん、オービィが入居するマークイズみなとみらいの施設作りやテナント構成が、これまでの商業施設の常識を覆す試みとなっており、それが集客につながっている点でしょう。オービィの魅力とマークイズの独自性とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

大自然超体感型施設
オービィの正体とは?

 オービィは、間違いなくマークイズみなとみらいの目玉となるでしょう。

 ゲーム会社のセガと英BBC Worldwide Limited(英BBC)の共同プロジェクトとして作り上げた、映画館でも水族館でもなく、テーマパークでも博物館でもない世界初のエンターテインメント施設です。掲げるのは「大自然超体感型ミュージアム」。BBC EARTH(BBCで過去50年間にわたって制作された自然番組)の映像を、セガとのコラボレーションにより、大画面や迫力ある音響だけでなく、振動や3D立体映像、衝撃波や風などの演出、においの再現など、様々な技術とともに楽しめる施設です。

 「過去50年にわたって自然を追いかけてきたBBCはテレビ画面を通じてその迫力や感動を伝えてきたが、自然や動物は本当はものすごく大きくダイナミックなものなのに、リビングの隅に置かれた小さなテレビではなかなかそれが伝えられない。象の大きさ、獲物を狙うコモドドラゴンの息づかい、草原の緑の匂い、潜水艇の外に見える小さな生物の美しさ。これらをできるだけリアルに再現するための施設として、セガと共同でオービィを開発した」(ベン・ロイ BBC EARTH プロデューサー/ディレクター)

 年間来場者目標50万人。売上は明らかにしていませんが、入場料+物販で1人当たり3000円程度の支出と想定すると、15億円程度の売上目標(筆者推測値)と考えられます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]

平成3年、株式会社船井総合研究所入社。現在、同社、上席コンサルタント。「戦略は思いに従う」を信条にファッションを専門分野として、現在では百貨店、アパレルメーカー、SPA専門店を中心としたアパレル、流通小売業のコンサルティングに従事している。現場支援と通算2,000回を超える講演活動により、情熱に満ち溢れた企業づくりにまい進している。テレビ出演、雑誌、新聞などへの執筆も数多く、コメンテーターとしての活動にも注目が集まっている。この数年のコンサルティングテーマは「永続するための企業ブランド戦略づくり」。社員が誇れる会社を作るためのコンサルティングに全力を注いでいる。
最新著の『超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本』や『コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本ー本当のところどうなの? 本音がわかる! 仕事がわかる!』(共に秀和システム)などがある。

【関連サイト】「丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ」


岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」

リニューアル店舗、新店、新業態などの新しい商業施設に、街歩き・店歩き歴21年の岩崎剛幸・船井総合研究所上席コンサルタントが取材して、レポートする。岩崎氏はファッション業界や百貨店業界を専門分野にしており、鋭い視点が持ち味。商圏に与える影響や店としてのオモシロさ、新しさ、消費市場の流行のタネなどを探していく。

「岩崎剛幸「新店、ウォッチ!!」」

⇒バックナンバー一覧