ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

目覚めよ! 日本銀行

自らに目標を課して金融政策を独自で行なえ!

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長],上田晋也 [タレント]
【第7回】 2008年5月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

上田 今回のテーマは日本銀行です。日銀と言えば、総裁人事が二転三転して、「ねじれ国会が生んだ悲劇」と言われました。その日銀とはいったいどんな組織なのか。まずは概要をうかがいましょう。

竹中 日銀は一般の営利企業とは違い、公の目的を果たすために作られた民間組織です。その役割は主に3つ。1つ目は日本銀行券(紙幣)を発行すること、2つ目は物価の安定を通じて経済を発展させること、そして3つ目は金融システムを安定させることです。

上田 なんだか難しい話ですね。

竹中 まず紙幣の発行ですね。貨幣経済では、その根底に「信用」があります。たとえば、1万円に価値があるとすれば、それは皆がその価値を信用しているからです。裏返せば、「信用がある日銀が紙幣を発行するから、1万円の価値を信用できる」という考え方です。

上田 しかし、紙幣をむやみに流通させるわけには行かないですね。

竹中 そう。紙幣を流通させるときは、何かの資産をマーケット(金融市場)から買うという形をとります。たとえば、金融機関から国債を受け取り、紙幣を渡すことによって市場に流通させるんです。

お金の量と金利で
景気をコントロール

上田 それでは、物価を安定させて経済を発展させるためには、どのようなことをするのでしょうか。

竹中 物価を安定させるために、金利を上げたり下げたりして、通貨の流通量をコントロールしています(たとえば、好景気になるとお金を使う人が増えて物価が上がり過ぎるため、銀行からお金が流出しないように預金金利を上げる。不景気で物価が下落している場合はその逆で、お金が流通するように金利を下げる)。

上田 以前は公定歩合を上げたり下げたりして景気をコントロールしていましたが、今ではさほど影響力がないと聞きます。

竹中 公定歩合は日銀が民間銀行に貸し付けるときの金利です。民間銀行の金利も基本的に公定歩合に連動するため、世の中の景気に影響を与える重要な指標となっていました。ただし(ゼロ金利政策などを経て超低金利が続く)現在では、公定歩合は以前ほど重要視されていません。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹中平蔵 [慶應義塾大学教授 グローバルセキュリティ研究所所長]

1951年生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行に入行。ハーバード大学、ペンシルバニア大学客員研究員、大阪大学助教授、慶應義塾大学教授などを経て、01年より小泉内閣で金融担当大臣、経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣を歴任。04年から06年まで参議院議員。

上田晋也 [タレント]

1970年生まれ。お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」メンバー。早稲田大学教育学部中退。91年に有田哲平とコンビ結成。レギュラー出演番組多数。


竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方

経済学者・竹中平蔵と、くりぃむしちゅーの上田晋也が、毎週楽しくわかりやすく日本の経済を解説。同名テレビ番組(BS朝日、朝日ニュースター)の一部を再構成してお届けします。

「竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方」

⇒バックナンバー一覧