ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

1997年の消費税引き上げは本当にトラウマか?
消費税引き上げは市場への「最低限の愛」
――高田創・みずほ総合研究所チーフエコノミスト

高田 創 [みずほ総合研究所 常務執行役員調査本部長/チーフエコノミスト]
【第107回】 2013年8月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

消費税引き上げは
政権のスタンスの試金石

 参院選後、消費税引き上げ論が大きな政治課題になっている。安倍政権は脱デフレを最重視し、少しでも経済にマイナス要因となるものを避けるとの観点から、消費税引き上げに慎重なスタンスをとり、その見極めをギリギリまで行うとされる。

 筆者の知る海外ヘッジファンドのなかでは、「参院選後の株価の調整は、安倍政権の経済政策のスタンスの振れが原因」との見方も生じている。

 現政権の消費税引き上げ慎重論の有力な論拠に、1997年の橋本内閣における消費税引き上げに伴うフィスカルクランチがあるとされる。97年のフィスカルクランチは、(1)消費税引き上げによる5兆円、(2)特別所得減税打ち切りによる2兆円、(3)社会保険料による2兆円と、合計9兆円、GDPの約2%分の負担が民間セクターにかかったとされた。

 しかし、97年当時と環境は異なり、今日のリスクは消費税引き上げ先送りで財政規律への不安が生じることと筆者は認識する。

債務負担の重さで
1997年とは環境が全く異なる

 筆者が97年と異なるとした最大の要因は、1990年代以降のバランスシート調整のプロセスにおいて、97年段階で民間セクターが背負った負担の重さが今日とは全く異なる環境にあることだ。

 次の図表1は、日本のバブル崩壊後のバランスシート調整のプロセスにおいて問題となった、過剰な債務負担を段階的に「身代わる」状況を示す。90年代は民間の過剰債務が過大であり、その負担は次第に公的セクターに肩代わりされていった。日本の民間債務負担は1990年代初に頂点を迎え、97年は依然その水準が高いまま、丁度これから債務調整が生じ、民間セクターにさらにストレスがかかりだす段階だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田創 [みずほ総合研究所 常務執行役員調査本部長/チーフエコノミスト]

たかた はじめ/1958年生まれ。82年3月東京大学経済学部卒業、同年4月日本興業銀行入行、86年オックスフォード大学修士課程修了(開発経済学)、93年審査部、97年興銀証券投資戦略部、2000年みずほ証券市場営業グループ投資戦略部長、06年市場調査本部統括部長、チーフストラテジスト、08年グローバル・リサーチ本部金融市場調査部長、チーフストラテジスト、11年より現職。『銀行の戦略転換』『国債暴落』『金融市場の勝者』『金融社会主義』など著書も多い。


経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

リーマンショック後の大不況から立ち直りつつあった日本経済の行く手には、再び暗雲が立ち込めている。留まることを知らない円高やデフレによる「景気腰折れ不安」など、市場に溢れるトピックには、悲観的なものが多い。しかし、そんなときだからこそ、政府や企業は、巷に溢れる情報の裏側にある「真実」を知り、戦略を立てていくことが必要だ。経済分析の第一人者である熊野英生、高田創、森田京平(50音順)の4人が、独自の視点から市場トピックの深層を斬る。

「経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層」

⇒バックナンバー一覧