ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業の戦略論
【第3回】 2013年8月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
高宮慎一

スタートアップにとって「ビジョン」とは何か

1
nextpage

気鋭のベンチャーキャピタリストによる連載の第3回。今回からいよいよ「戦略」の本論に入ります。まずはスタートアップの存在意義とも言える「ビジョン」から。その必要条件と具体的な決め方までを解説します。

“ラーメン代稼ぎ”の罠

 自らの想いを実現し、世の中を変える大冒険に漕ぎ出そうとするとき、どこを目指すのかのゴールを設定することが大切です。このゴール、すなわちどのようなビジョンをもっているかこそが、会社、事業の長期的な命運を定めると言っても過言ではありません。ビジョンがないままでは、世の中の流行りに飛び乗り続けて、目移りし続け結局何をやっても大成しないという事態に陥ってしまったり、最近スタートアップ界隈で使わる表現を使うと「ラーメン代稼ぎ」(短期的に食っていくための事業運営)に終始する中小企業に終わってしまったりする罠に陥ってしまいます。

 2000年ごろ、i-mode時代にCP(コンテンツプロバイダー:携帯上でユーザにコンテンツを提供する事業)があらゆるジャンルのコンテンツにバラバラと手を出し、CP市場そのものが行き詰まりを見せると2010年ごろソーシャルゲームブームに乗っかり、そしてソーシャルゲームで競争が激化し寡占化が進むと今度は「020」(Online to Offline)に手を出し、結局規模化もしなければ、自社の強みもぼやけてしまったスタートアップを多く見かけます。

 やり切った結果、先が見込めなくなってしまった事業を一大決心で、自分達が今まで培ってきた強みなり資産が生きる領域にピボット(Pivot:事業転換)するのは、それはそれでアリな戦略オプションです。ただし、ピボットするにしても、自分達のビジョンに長期的に繋がる、よって結局は今までの事業となんらかの関連性があり、結果的に自分達が培ってきた強みや資産が生きる領域にピボットするのが正しい方向転換の姿です。

 軽い気持ちでただ市場が盛り上がっているからとある事業に手を出し、そして競争が厳しくなってきたからと言ってやりきってもいないのに、逃げで次の事業に手を出すのとは大きく違います。

次のページ>> 逃げのピボットはダメ
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    大喜多健吾 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    多くのビジネスパースンが抱える悩みは、「煩悩、偏見、執着」に捉われているせいです。ブッダの教えにしたがって、「煩悩」を静め、[偏見」を捨て、「執着」を手放せば、本当に必要なものが手に入り、人生は好転し始めます。仏教の教えを問題解決の方法に応用した初のビジネス書。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    高宮 慎一(たかみやしんいち)

    株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー Chief Strategy Officer。
    グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP) パートナー。GCPではコンシュー マー・インターネット領域の投資を担当。投資先に対してハンズ・オンでの戦略策 定、経営の仕組化、組織造り、国内外の事業開発の支援を実施。GCP参画前は、戦略 コンサルティング会社アーサー・D・リトルにて、プロジェクト・リーダーとしてIT サービス企業に対する事業戦略、新規事業戦略、イノベーション戦略立案などを主 導。GCPでは、アイスタイル(東証3660)、オークファン(東証3674)、しまうまプリン トシステム、カヤック、キューエンタテイメント、ナナピ、ピクスタ、ビヨンド、ラ ンサーズなどへの投資を担当
    ブログ:http://www.takamiya.vc/ Facebook:http://www.facebook.com/shin1  Twitter:https://twitter.com/s1kun

     


    起業の戦略論

    「起業の戦略論」

    ⇒バックナンバー一覧