ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
生活保護のリアル みわよしこ

“生活保護法改悪案”成立に水を差すことができるか
日弁連による「もう1つの改正案」の内容

――政策ウォッチ編・第39回

みわよしこ [フリーランス・ライター]
【政策ウォッチ編・第39回】 2013年9月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2013年10月に開催が予定されている臨時国会で、6月にいったん廃案となった生活保護法改正案と生活困窮者自立支援法案の再提出が予定されている。政府案以外の選択肢は考えられないだろうか?

今回は、日弁連の改正案をもとに、生活保護法・生活保護制度の問題点がどう解消されるべきかを考えてみよう。

間近に迫る
生活保護法改正案の再提出

 2013年7月、参院選で自民党が圧勝した。生活保護問題に関心を向ける人々は、6月に廃案となった生活保護法改正案が国会に再提出され、今度は成立する可能性を危惧していた。その日は、遠くないかもしれない。

 2013年9月11日、「田村憲久厚労相が、生活保護法改正案・生活困窮者自立支援法案の早期成立に対する意欲を語った」という内容が、全国で報道された。北海道新聞によれば、以下のとおりである。

厚労相、生活保護関連2法案の早期成立目指す
(09/11 21:11)
 田村憲久厚生労働相は11日、生活保護の不正受給に対する罰則を強化した生活保護法改正案と、生活困窮者向けの自立支援法案を、秋の臨時国会のできるだけ早い段階で成立させたいとの考えを示した。視察先の埼玉県ふじみ野市で記者団の質問に答えた

 田村氏は「生活保護に入らない、または脱却するという意味で2法案は重要な役割を果たす」と強調。経済財政運営の指針である「骨太方針」に盛り込まれた生活保護の支給水準見直しについては「検討すべきものは検討しないといけない」とも述べた。

 政府案の問題点については、本連載で何度か指摘してきた。今回は、代替案の1つとして、日弁連(日本弁護士連合会)による「生活保障法案」を紹介したい。

現行生活保護法は
何が問題なのか?

 生活保護法の改正の必要性を感じているのは、政府だけでも、保守的な日本国民だけでもない。生活保護法旧法(昭和21年施行)と生活保護法新法(現行法、昭和24年施行)は、戦後まもない時期、文字通り「国民の生存を守る」必要性から生まれた。なお、生活保護法(旧法および新法)は、日本に公的扶助が必要であることを指摘した占領軍指令によって検討され始めたことと、現在の日本の社会保障の枠組みが米国からのスタッフたちの参画によって作られたことを、ここに特筆しておきたい。広島と長崎に原爆攻撃を行った当時の米国からも、日本の社会保障や公的扶助の貧弱さは、問題視されていたのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みわよしこ [フリーランス・ライター]

1963年、福岡市長浜生まれ。1990年、東京理科大学大学院修士課程(物理学専攻)修了後、電機メーカで半導体デバイスの研究・開発に10年間従事。在職中より執筆活動を開始、2000年より著述業に専念。主な守備範囲はコンピュータ全般。2004年、運動障害が発生(2007年に障害認定)したことから、社会保障・社会福祉に問題意識を向けはじめた。現在は電動車椅子を使用。東京23区西端近く、農園や竹やぶに囲まれた地域で、1匹の高齢猫と暮らす。日常雑記ブログはこちら


生活保護のリアル みわよしこ

急増する生活保護費の不正受給が社会問題化する昨今。「生活保護」制度自体の見直しまでもが取りざたされはじめている。本連載では、生活保護という制度・その周辺の人々の素顔を知ってもらうことを目的とし、制度そのものの解説とともに、生活保護受給者たちなどを取材。「ありのまま」の姿を紹介してゆく。

「生活保護のリアル みわよしこ」

⇒バックナンバー一覧