ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

東京オリンピック決定で“裏切り転職”が増加?
バラ色に見える「同業他社転職の落とし穴」

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第98回】 2013年9月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 転職活動の目的は、「これまでの経験を活かしてステップアップすること」だとすれば、同業他社に転職するのは当然だと考える人がいます。一方で、そんな転職は掟破りだ、少々古いですが「訴えてやる」と考える会社も少なくありません。過激な言葉をつかえば、同業他社による「引き抜き」であると同時に、これまでいた会社への「裏切り行為」だからです。こうした転職は景気が回復する時期に増えます。つまり、まさに今がそのタイミングなのです。

 では、あなたの職場に同業他社から「元ライバル」が入社してきたらどう思いますか?今回は、転職市場の活性化が進む今のような時期に起きがちな、既存社員とライバル会社出身の中途社員のギャップについて考えてみたいと思います。

アベノミクス効果で業績回復!
同業他社から「引き抜き」採用も

 「おいおい、聞いたか。今度、うちの部署に入社してくるAさんって、ライバルのG社から引き抜かれたらしいぞ」

 ここ最近、業績が上向きになり、クライアントからの発注が劇的に増加しているこの会社。昨年までは複数の広告会社で広告やキャンペーンの扱いをめぐって行われるコンペの数さえ激減していました。そのため、営業はやることもなく、

 「そのうちリストラされるのではないか?」

 と戦々恐々の状態でした。しかし今は、メディアの広告枠が満稿(出稿したくても一杯)の状態で、断ることさえあります。それでも「何とかしてくれ」と媒体各社への交渉を頼まれて、社内は大忙しです。ついには、

 「残業ができない今、対応が限界です。何とかしてください」

 と、人手を増やしてくれるように職場からは悲鳴も上がっています。以前と違い、深夜残業に対して人事がうるさい時代。仕事を処理する物理的人員が必要となります。そこで、しつこいくらいに上司と人事に人員増をかけあっていたら、中途採用で元ライバル会社の社員が入社してくるとのこと。まさに、「昨日の敵が今日の友」となるため、社内は大騒ぎです。

 そんな職場に勤務しているのは、中堅広告代理店F社の営業職Kさん(28歳)。長引く広告不況で、職場に後輩社員はゼロ。それゆえ、閉塞感を覚える毎日を過ごしてきました。ところが、アベノミクス効果で業績が急激に回復。そして、東京オリンピック開催決定で、ますます仕事は増えそうです。しかし、いまさら新卒で人材を採用しても間に合わない状態。さらに、異業種から中途採用して育成する時間なんてありません。そこで、いつもコンペで激突していた同業他社から若手社員が入社してくることになったのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧