ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」の全記事一覧
  • 第171回 フレックスタイム制が好評なのに廃止へ向かう理由 

    [2016年09月19日]
    満員電車に揺られなくていい、自分の裁量でタイムマネジメントができるというメリットから「フレックスタイム制」が注目され、導入が進んだ時期がありました。ところが、最近は導入を中止する会社も出てきています。それは一体どうしてなのでしょうか。

  • 第170回 好業績なのにコスト削減、社員のやる気を削ぐ企業の問題点 

    [2016年09月05日]
    東京五輪まであと4年。いま五輪を前に好業績の企業が増えています。しかし、バブル崩壊の経験があるからか、浮かれた様子を見せる企業はあまりありません。むしろ手綱を締め、コスト削減からオフィス移転まで考える企業まで出てきています。

  • 第169回 「こいつ反省してないな」と上司に睨まれる人の問題点 

    [2016年08月22日]
    某外食チェーン店で働く若手社員のSさんは、仕事のことでとても悩んでいました。仕事でミスをおかしても、「落ち込んでいるように見えない、反省の色が感じられない」と先輩社員に注意されることが何度も続いていたからです。

  • 第168回 夏休みが取れないのは本当に「忙しい」せいか 

    [2016年08月08日]
    今年から8月11日が祝日になり、夏休みを長期間で取りやすくなりました。しかし、夏休み0日の人は10%以上もいるようです。こうした人たちが夏休みを取れないのは、忙しさからなのでしょうか。実態を探ると、必ずしもそうとは言えないようです。

  • 第167回 LINEを仕事で使いたがらない人が4割を超えるワケ 

    [2016年07月25日]
    メール以上に便利なツールとして使われることが増えたLINE。若手社員を中心に仕事でも使う人が増えていますが、なかにはLINEはプライベートで使うものという認識の人もいます。一体なぜこのような人は仕事上でLINEを使いたがらないのでしょうか。

  • 第166回 新入社員のコミュ力不足は本当にネットのせいか 

    [2016年07月11日]
    デジタルネイティブ世代が新入社員として、会社に入社し始めました。彼らのコミュニケーション能力の低さを見て、「インターネットのせいだ」と考える方も少なくないでしょうが、果たしてそれだけが原因なのでしょうか?

  • 第165回 仕事でミスを繰り返す人の3つの特徴 

    [2016年06月27日]
    日本でもIT技術の進化で、仕事が自動化され、ミスが起こりづらい環境が整えられつつあります。しかし、人為的なミスで大きな問題につながる事件があとを絶ちません。では、ミスを起こすのはどのような人が多いのでしょうか?

  • 第164回 会議に欠席者を出さない人のスケジュール調整術 

    [2016年06月13日]
    社内の会議や打ち合わせのスケジュール調整は意外と難しいものです。ただ、結果として欠席者が多数出てしまったら、調整役の力不足は否めなくなります。ではどうスケジュール調整を行えば、スムーズに皆が高い意識を持って参加してくれるのでしょうか。

  • 第163回 パワハラ元上司が部下に!役職逆転時代に苦悶する若手管理職 

    [2016年05月30日]
    最近、職場で上司と部下の立場が逆転する状況に悩む方が増えています。「入社当時の上司が自分の部下として配属された。どのように呼んだらいいのか?」といった基本的な接し方や元上司に対して指導する際の気配りなど、様々な悩みを耳にします。

  • 第162回 英語公用語化、いつの間にか企業に浸透の根強さ 

    [2016年05月16日]
    一時期、大きな話題となった英語公用語化。しかし最近、英語公用語化の話題を耳にしなくなってきたと思いませんか?では一体、いま日本企業における英語公用語化はどのような状況にあるのでしょうか。

  • 第161回 同じミスを繰り返す部下をもっとダメにする叱り方 

    [2016年05月02日]
    あなたの職場には、部下のモチベーションを下げる上司がいないでしょうか。部下のやる気を損なう上司の言動でよくあるのが、以前のミスを何度も何度も蒸し返して注意すること。上司は熱心に指導しているつもりしれませんが、まるで逆効果です。

  • 第160回 実は意外に使える「新入社員は○○型」というレッテル貼り 

    [2016年04月18日]
    毎年、日本生産性本部が発表する『新入社員の特徴とタイプ』。今年の新入社員は「ドローン型」だそう。こうした“レッテル貼り”を批判的に捉える人も多いものの、私はこれは人間関係を円滑にするために使える情報だと考えています。

  • 第159回 “大学は推薦入学”の新入社員は使えない、は本当か 

    [2016年04月04日]
    「受験を知らない新入社員はダメ――」。AO入試を含めた推薦組は「受験組」に比べて、社会人として仕事面で評価が低いという声を耳にします。そのような声が上がるのはどうしてなのでしょうか。

  • 第158回 中小企業から大企業に転職できる人の共通点 

    [2016年03月21日]
    一般的に中小企業から大手企業への転職は難しいと言われています。ただ、幸運にも中小企業から大手企業に転職した人は少なからずいます。そんな人は、一体何が理由で転職できたのでしょうか。

  • 第156回 「セカンドキャリア」という前向きな非正規雇用も実は多い 

    [2016年03月07日]
    近年、25~54歳の男性が不本意な形で非正規雇用として働く「中年フリーター」が増加しています。非正規社員の数は25年で倍増し、男性非正規社員割合は1984年の7.7%から2014年には21.8%上昇。非正規社員=学生、女性の働き方ではなくなりました。

  • 第156回 “やりがいのない仕事”を楽しむ方法はあるか 

    [2016年02月22日]
    「仕事にやりがいを感じない。意欲が湧かない」こんな嘆きの声を聞くことがあります。確かに多くの人にとって仕事は単調で刺激的でないかもしれません。そこで今回はある企業がおこなった「仕事にやりがいを感じにくい社員」を変えた方法をご紹介しましょう。

  • 第155回 地元を離れた若者をUターンさせる秘策「30歳の大同窓会」 

    [2016年02月08日]
    地方創生が叫ばれて久しくなりました。しかし、地方にそれを担う人材はそもそもいるのでしょうか。現実として、地方から都会へ出ていく「若手人材の流出」はなかなか止まりません。そんな状況に歯止めをかけるべく、今新たな動きが生まれています。

  • 第154回 転職3回以上でも人事が欲しがる人、敬遠する人 

    [2016年01月25日]
    転職市場が人材不足で「売り手市場」になっていると言われて久しくなりました。ただ、誰もが“売り手”というわけではありません。転職回数が一定数以下でなければ、なかなか採用をしてくれない企業も少なくないからです。

  • 第153回 部下のやる気を削ぐ褒め言葉を使っていませんか 

    [2015年12月28日]
    上司は「褒め上手」にならなければならないと言われて久しくなりました。ただ、意識は高くても言葉足らずで部下のモチベーションアップになっていないケースが実に少なくないようです。

  • 第152回 帰国後は窓際族に?海外勤務が不利なのは本当か 

    [2015年12月14日]
    今や100万人以上の日本人が海外に在留する時代になりました。ビジネスパーソンが駐在する国の数も年々増えています。語学に堪能な人材だけが、海外赴任・駐在者として選ばれる時代ではありません。ところが、海外駐在を望む人材は減少傾向にあります。

1
nextpage

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事