ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【アイフル】
迫るADRの返済期限
経営再建は一見順調でも単独での生き残りは困難

週刊ダイヤモンド編集部
【第136回】 2013年10月10日
1
nextpage

消費者金融大手のアイフルが、事業再生ADRに追い込まれてからまもなく4年。返済期限まであと10カ月しかないが、1620億円の巨額債務が重くのしかかる。

 2014年7月10日──。まさしくこの日が、消費者金融大手アイフルの“運命の日”となる。

 09年9月、過払い金返還の急増により経営が悪化したアイフルは、私的整理の一つである事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)に追い込まれた。

 同年12月のADRの成立により、金融機関64社からの借入金合計2721億円のうち760億円を分割返済すれば、残りの債務1961億円は返済を5年間猶予(10年3月末時点)してもらえることになり、経営再建を進めてきた。

 その債務の弁済期限が、来年の7月10日というわけだ。つまり、アイフルにとって、この日までに残りの債務を全額返済するか、借り換えするか、もしくは誰かが債務を肩代わりしてくれなければ法的整理、すなわち、破綻に突き進むしかなくなる。

 では、足元の返済状況はどうか。先述の通り、14年6月末までに760億円を返済する計画だが、今年6月末時点ですでに936億円を返済しており、計画を上回っている。結果、残債は1785億円にまで減少し、来年6月末には1620億円となる予定だ(図(1))。

 ここまで弁済額を上積みできた最大の理由は、大規模なリストラによる営業費用の削減だ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年9月3日号 定価710円(税込)

特集 メガバンク 地銀 証券 金融エリートの没落

本業全滅!銀行員、証券マンの苦悩を徹底描写

【特集2】
全てはボールペン軸から始まった
「加工の匠」積水化学の開発力

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧