ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今、こんな旅がしてみたい!

【南アフリカ】
大陸の果ての
とびきりおいしいワイン・ランド

「今、こんな旅がしてみたい!」編集部
【第15回】 2013年10月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ステレンボッシュ郊外のワイン畑、まるでヨーロッパの田舎町を思わせるような風景
Photo:ANAPA PACIFIC

穏やかな気候がはぐぐむ
極上のワイン造り

 ケープタウンから、車を東へと走らせる。ハイウエイの両脇には、最初は真っ平らな大地が続く。道は徐々に勾配を増し、彼方に見えていた山が近づいてくると、周囲には緑の木々が増えてくる。緑の大地にブドウ畑が見られるようになったら、それがワイン・ランド到着の合図。

 ケープ・タウンの東約50kmにある一帯は、南アフリカを代表するワインの一大生産地。周囲を囲む1000~1500m級の山々が大西洋からの風を遮るこの土地は、ヨーロッパのワイン産地である地中海周辺とよく似た気候で、良質なブドウの栽培に最適だ。

 南アフリカにおけるワイン造りの歴史は、ケープタウンが東方貿易で栄えた約350年前、ヨーロッパから持ち込まれたブドウの苗木からはじまった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


今、こんな旅がしてみたい!

長年にわたって、旅する魅力を伝えつづけている『地球の歩き方』が、すべての海外旅行ファンに向け、毎年1回、12月に発行している「旅先選び」のための雑誌が、「今、こんな旅がしてみたい!」です。特にこの「地球の歩き方」の旅30は、「来年行くべきエリア」を世界中から「30ヵ所」セレクトしています。漠然とした「行きたいところ」はあるのだけれど、それがどこか分からない、という悩みを抱えている旅人の皆さんに、最新の2013年版の中から毎回1ヵ所をピックアップして、ご紹介していきます。

 

「今、こんな旅がしてみたい!」

⇒バックナンバー一覧