ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
旅ノート・散歩ノートのつくりかた
【第1回】 2013年3月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
奥野宣之

旅と散歩はノートをつけると
これだけおもしろくなる!

1
nextpage

昔から旅や散歩をノートに記録する人は少なくない。しかし、「面倒だ」「続かない」と思ってしまうことも事実である。では、労力をかけずに自分のペースで切ったり、貼ったり、書いたりと楽しく思い出を残す方法はないだろうか?シリーズ累計50万部超、『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』を出版したばかりの日本一の「ノート作家」奥野宣之氏が、発見に満ちた、もっと歩くのが楽しくなる「旅ノート」「散歩ノート」の作り方のコツを伝授する。

この記事は著者の新刊書籍の出版を記念して再掲載しています。
『情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]』奥野宣之・著
本体1400円+税/ダイヤモンド社

 

ノートをつけると、
旅と散歩はもっと楽しくなる

 「旅ノート」「散歩ノート」って何?と聞かれれば、「家を出て、どこかに行って、何か見たり聞いたり……つまり外でいろいろ体験したことの記録」と、とりあえずは答えておきます。

 外でのいろいろな体験とは、たとえば次のようなことです。観光地で温泉に入ってお酒を飲んだりしたこと、家の近所を歩き回ってみたこと、山や海で自然に触れてみたこと、出張で訪れた街を探索したこと……。

 こういった旅行や散策、アウトドアでのおもしろかったこと、楽しかったことをノートにまとめてみましょう。ポイントは、「外出先で、なにげなく感性に触れるものを探す」ということにあります。目を血走らせて、珍しいものを探す必要はありません。ただ、訪れた場所や「おや」と思ったことだけは、あとで振り返られるようにしておきます。

 そして、そのためには「歩き」がいいのです。クルマやオートバイ、自転車で遠くへ行くのも楽しいものですが、記録するのにはあまり向いていない気がします。途中で出会うものに気をとめるにはスピードが速すぎるし、ハンドルを握ると、なんとなく気が急く感じがするからです。

 対して、時間を気にしない散歩、そして電車、バス、船などを乗り継いでの旅は、景色を眺めたり、思ったことをメモしたり、写真を撮ったりする余裕があります。

足で歩いて、手で記録する

 そんなふうに旅や散歩をして、体験をノートにまとめる。僕がこのことを気に入っているのは、文字を書いたり、何か貼り付けたりしてノートをつくっているときの気分が、歩き回った体験を振り返るのにぴったりだと感じるからです。

 旅と散歩の記録には、昔ながらの紙のノートが一番です。歩くことと、手でつくること。ともに、時間短縮や作業効率といった価値観に背を向けているからでしょうか。

 もうひとつ思うのは、どちらも強い身体感覚のある行為だから、ということです。静かな道を歩いていると、鳥の鳴き声や魚が跳ねる音も聞こえてくるし、地面の感触、風のにおい、暑さ寒さも身をもって感じられます。

 手作業でノートをつくるときも、ペンのすべりや紙の感触、切り貼りする資料の固さや風合いといった感覚を味わいながらつくります。足で散歩し、手で記録する──。外に出ることと同じくらい、このノート作りも感性を刺激し、気持ちを自由にさせてくれます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
「水」のように生きる

「水」のように生きる

植西 聰 著

定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2016年8月

<内容紹介>
「流されて、流して、浮かんで、柔軟に、恵みを与えて、かたよらずに、清らかに……」といった水の特性になぞらえて「無理せず、あせらず、逆らわず」に生きることを心がけると、人生は思いのほかうまく回っていくもの。 そして、その先には、誰もが望む「穏やかな人生」が待っている。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、8/14~8/20)


注目のトピックスPR


奥野宣之

1981年大阪府生まれ。同志社大学文学部でジャーナリズムを学んだあと、出版社、新聞社の記者を経て『情報は1冊のノートにまとめなさい』で著作デビュー。独自の情報整理術や知的生産術がビジネスパーソンを中心に支持を集め、第2弾『読書は1冊のノートにまとめなさい』、第3弾『人生は1冊のノートにまとめなさい』と合わせたシリーズは累計50万部を超えるベストセラーとなった。ジャーナリストの経験を活かし、ウェブや雑誌のライターとして活動するかたわら“ノート本作家”として、メディア出演・講演などでも活躍中。仕事に活かせるノートや文具の活用法、本とより深く付き合うための読書法、人生を充実させるライフログの技術、旅行や行楽を楽しむための旅ノート・散歩ノートの技術など、活動の幅は広い。趣味は古墳めぐりと自然観察。ついでに写真撮影。仕事だけでなく家庭や趣味でもノートを使いこなすライフスタイルは、NHKやTBSでも放送され反響を集めた。その他著書は『旅ノート・散歩ノートのつくりかた』『知的生産ワークアウト』『「処方せん」的読書術』『新書3冊でできる「自分の考え」のつくり方』など多数。

 


旅ノート・散歩ノートのつくりかた

切って、貼って、書いて、宝ものとなる思い出を残そう。累計50万部超の人気"ノート作家"が教える、「旅ノート」「散歩ノート」作りの41のコツ。

「旅ノート・散歩ノートのつくりかた」

⇒バックナンバー一覧