ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
夢のハワイ移住&ロングステイ計画
【第6回】 2007年11月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
並木浩一 [ダイヤモンド社 編集委員]

ハワイで暮らすためのお金の基礎知識

1
nextpage

これからハワイに「住む」ことを考えているなら、資産をドルで保有するのもひとつの方法。ドルなら為替リスクは気にすることなく、高金利を利用してお金の運用ができるからです。

銀行口座を開設してお金を管理しよう

 ハワイに滞在中、日常で使うお金の管理はどのようにしたらよいでしょうか。

money

 アメリカはカード社会ですから、10ドル以下の買い物であってもクレジットカードが使えるケースがほとんどです。ただし、小額のキャッシュは持っていたいところです。そのキャッシュをどう管理すればいいでしょうか。「タンス預金」はおすすめできません。

 ひとつには、海外旅行の時と同じように、トラベラーズチェックを使う方法が考えられます。安全ですが、換金が面倒なのが難点です。

 2つ目には、手持ちのクレジットカードでキャッシングするという方法があります。ハワイでは、スーパーマーケットやマクドナルドにもATM(現金自動支払機)があります。ただし、所定の手数料がかかります。

 3つ目の方法は、「ハワイでも引き出せる銀行カード」を持つことです。

 たとえば、シティバンク銀行ならば、日本で開設した円普通預金口座のお金を、海外で引き出すことができます。ハワイには支店があるほか、ATMもいたるところにあります。ソニー銀行は、日本の外資(ドル)預金を専用口座に移すことで、海外の提携ATMで引き出しが可能です。

 慣れた人ならば、ハワイの銀行に「デイ・トゥ・デイ・セイヴィング」と呼ばれる普通預金口座を持ってしまうのがいいでしょう。ファーストハワイアンバンクや、バンク・オブ・ハワイが便利です。

 アメリカの銀行の普通預金口座は、最低の残高が決められており、それを下回ると口座管理料がかかります。たいていの場合、最低残高は500ドルです。

 口座開設はインターネットでも可能ですが、直接銀行を訪れるのが安心でしょう。ホノルルの場合、日本語を話せる銀行員が珍しくありません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


並木浩一 [ダイヤモンド社 編集委員]

1961年生まれ。青山学院大学フランス文学科卒、放送大学大学院修了、修士(学術)。編集者・執筆者として長年資格取得のテーマを手がけ、関連の著書に「最新 資格の抜け道」、共著に「『資格の達人」「税理士試験免除マニュアル」(いずれもダイヤモンド社刊)がある。


夢のハワイ移住&ロングステイ計画

「いつかはハワイに住んでみたい」そう思う人は多い。でも実際に「住む」となると何をどうしたらいいのか。ハワイ暮らしを実現するための必要な基礎知識を伝授します。

「夢のハワイ移住&ロングステイ計画」

⇒バックナンバー一覧