ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

大島町の防災体制、特別警報の問題点が明らかに
伊豆大島豪雨 24時間雨量824ミリの衝撃

加藤順子 [フォトジャーナリスト、気象予報士]
2013年10月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
住宅被害が周辺で集中した土石流が集中した「大金沢」の様子
写真:東京都提供

16日、東日本をかすめるように北上していった台風26号に伴い発生した集中豪雨で、伊豆大島の都が指定する土砂災害危険個所内で大規模な土石流が発生した。同日昼までに大島元町アメダスで観測された24時間雨量は、これまでの記録を大きく上回り、824ミリに達した。死者・行方不明者が50人超に達するまでの甚大な被害をもたらした、その根本的な原因はどこにあるのか。気象予報士らの見解から検証する。

 「災害級の雨だ…」

 10月16日早朝、ラジオ出演のために気象観測データを見た気象解説者の増田雅昭さん(株式会社ウェザーマップ)は、伊豆大島の実況値を見て、背筋が凍った。

 数年に一度しか起こらないような猛烈な雨が観測・解析された場合に出される観測記録「記録的短時間大雨情報」が、大島にいくつも出ていた。


記録的短時間大雨情報(2:32発表)
 大島元町 101ミリ

記録的短時間大雨情報(3:47発表)
 大島元町 118ミリ
 大島町付近 約120ミリ

記録的短時間大雨情報(4:50発表)
 大島町付近 約120ミリ
 大島元町  108ミリ


 3日前の13日頃から、台風の進路予想図が更新される度に「何かしらの災害が起こるだろうな」と確信のような予感はあった。関東最接近時は、中心気圧が960hPaくらいと、かなり発達したまま北上する予想だった。台風の進路や勢力の予想が安定した傾向にあり、多少進路がずれたとしても、首都圏への影響は大きくなるだろうとみていた。

 「メディアだとどうしても広く浅く俯瞰した視線で見ることになってしまう。でも、災害ってたいてい、ピンポイントで起こるものなんですよね。島なら島というポイントからも見て、現場で判断できることも必要です。そのスキルを、役場の人も持っているのでしょうか……」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

加藤順子 [フォトジャーナリスト、気象予報士]

気象キャスターや番組ディレクターを経て、取材者に。防災、気象、対話、科学コミュニケーションをテーマに様々な形で活動中。「気象サイエンスカフェ」オーガナイザー。最新著書は、ジャーナリストの池上正樹氏との共著『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)。『ふたたび、ここから―東日本大震災・石巻の人たちの50日間』(ポプラ社)でも写真を担当し、執筆協力も行っている。他に、共著で『気象予報士になる!?』(秀和システム)。最新刊は『石巻市立大川小学校「事故検証委員会」を検証する』(ポプラ社)。
ブログ:http://katoyori.blogspot.jp/


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧