ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

組織的隠蔽の有無が焦点に
みずほが抱える根深い病巣

週刊ダイヤモンド編集部
2013年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

暴力団への融資を放置していた問題で、金融庁から業務改善命令を受けたみずほ銀行。当時の経緯をめぐって説明が二転三転する背景には隠蔽体質と「3行意識」という闇が広がっている。

行政処分を受けて、あわてたように調査を始めたみずほ銀行。自浄作用が働く日は来るのか

 暴力団への融資をめぐって、経営トップへの報告が明らかになったみずほ銀行。9月27日に金融庁から業務改善命令を受けて以降、経営陣はだんまりを続けてきた。

 10月4日に岡部俊胤副頭取がやっと会見に応じたと思いきや、わずか4日後の8日に佐藤康博頭取が前言を撤回する異例の事態となっている。二つの会見を検証すればするほど不可解な点が浮かび上がり、みずほ銀行が抱える病巣の根深さが浮き彫りになる。

 今後、最大の焦点となりそうなのは、組織的な隠蔽がなかったか、そこにトップの関与がなかったかという点だ。

 「(当初、経営陣は暴力団融資について知らなかったと説明していたのは)担当部署が経営陣に報告していないと思い込み、過去の資料などを確認することなく、金融庁に報告していたからだ」

 10月8日に会見した佐藤頭取のこの発言が今、現場の怒りを買っている。

 ここでいう担当部署とは、「コンプライアンス統括部」だ。顧客に暴力団などが入り込んでいないかをチェックする役割を担う。

 今回の問題は2010年12月、グループ傘下の信販会社、オリエントコーポレーションを通じた「提携ローン」(図参照)をコンプラ部が調べた結果、暴力団構成員などへの融資が約230件、計2億円超に上ることがわかったことが事の発端だ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧