ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
大混迷 2009年の政治経済

野村修也 中央大学教授
「司法の聖域を解体せよ」

チーム・ポリシーウォッチ
【第10回】 2009年2月10日
著者・コラム紹介バックナンバー

政策提言集団、ポリシーウォッチによる緊急討論会「大混迷2009年の政治経済の行方」の模様を引き続き動画にてお伝えする。第10回は、野村修也・中央大学教授。規制問題、年金問題においても同様であるが、司法もまた既得権益にとらわれ抜本的な改革に踏み切れないでいると指摘する。

野村 修也(中央大学法科大学院教授)
1962年北海道函館市生まれ。中央大学大学院博士後期課程を経て中央大学法学部教授、2004年より現職。金融庁法令等遵守調査室長、郵政民営化委員会委員、金融審議会委員、総務省法令等遵守調査室長、法制審議会幹事、新司法試験考査委員、国民生活審議会臨時委員、国土審査会専門員、経済財政諮問会議専門委員などを務める

この動画は、チーム・ポリシーウォッチ提供によるものです。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チーム・ポリシーウォッチ

チーム・ポリシーウォッチは、既得権益とは無縁な経済政策に関する専門家集団。ウェブを通じて、官僚主導の現在の経済政策に対し問題提起を行なっている。ウェブサイト「ポリシーウォッチ」では、動画で有識者達が世の中の論点を動画やテキストで解説。ポリシーウォッチ(http://policywatch.jp/)


大混迷 2009年の政治経済

竹中平蔵氏が率いる政策提言集団「ポリシーウォッチ」が1月5日に開催した緊急討論会「大混迷2009年の政治経済の行方」の模様を動画形式でお伝えする。

「大混迷 2009年の政治経済」

⇒バックナンバー一覧