ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

動画撮影できる一眼レフデジカメが、
ビデオカメラ市場を脅かす

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第48回】 2008年10月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
D90
動画撮影機能を搭載した初の一眼レフデジカメが、ニコンの「D90」。高画質、高技術を実現し、動画の新たな可能性を切り開く

 この秋、デジタル一眼レフデジタルカメラ(以下一眼レフデジカメ)がこぞって動画撮影機能を採用し始めた。

 これまで、デジタルカメラの動画撮影機能と言えば、コンパクトタイプのデジカメのみに採用されていた。初心者向けの楽しめる機能と位置づけられていたのだ。それに対して一眼レフデジカメは、どちらかというと画質にこだわり、本格的な写真を撮るためのカメラだった。

 もちろん、いつかは動画撮影機能を採用されるだろうと考えていたが、ひとつ予想と違った部分がある。コンパクトデジカメからの流れを考えるなら、一眼レフにおいても、エントリーモデルから動画撮影機能が採用されると思うのが普通だろう。

 たとえば、キヤノンなら「EOS Kissシリーズ」あたりから採用されるだろうと予測していたわけだ。

 ところが、実際にはニコンの中級モデル「D90」が世界初の動画撮影機能を搭載し、ほぼ同時期にキヤノンの上位モデル「EOS 5D Mark II」がそれに続いた。

 この理由はどこにあるのだろう?

 ビデオカメラは、昨年あたりから一気にハイビジョン対応機種が主流になっており、いまや10万円以下のモデルでもメインはハイビジョンとなった。その画質は、従来のモデルと比べるとケタ違いに美しい。

 ところが、ビデオカメラの使い道を考えてみると、一眼レフとは違う点が見えてくる。ほとんどのユーザーが、ビデオカメラを「想い出の記録用」ととらえているのではないだろうか? 子供の成長や旅行のシーンなどを記録するために愛用しているユーザーが多いのだ。

 ところが、デジカメの世界では、「コンパクトデジカメこそが記録用」と認知されている。もちろん、一眼レフで記録をするケースもままあるが、高級な一眼レフを買うユーザーは、その多くが「作品を撮影したい」と考えている。つまり、「より芸術性が高い」と言えばわかりやすいだろう。

 この点が、一眼レフデジカメの上位モデルに動画撮影機能が搭載されたポイントではないだろうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧