ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
知らなきゃマズい!法律知識の新常識

「営業妨害」と暴力団に脅され土下座した営業マン
修羅場を切り抜けるコツと相手を怒らせる禁句とは

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第8回】 2013年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

みずほ銀行の暴力団融資問題が記憶に新しいが、この手のトラブルは銀行だけの問題ではない。規模を問わず、あらゆる業種の企業が暴力団関係のトラブルのリスクを抱えていると言ってもいい。その企業の社員、またその家族も、いつ、どのようなときにトラブルに巻き込まれるかわからない。いざトラブルが起きた場合、あなたはうまく切り抜けられるだろうか。今回は、暴力団関係のトラブルを数多く解決してきた石上晴康弁護士に、実際の事例を基に急場をしのぐためのコツや、その場で言ってはいけない言葉などを伺った。(文/ダイヤモンド・オンライン編集部 片田江康男、協力・石上晴康弁護士、弁護士ドットコム

何気なく停めた営業車
その前にあった店とは

 ほんの3分で済むはずだった。

 大手不動産情報会社の営業担当者・田中(仮名、20代男性)は、毎日担当エリアの地元不動産会社を回り、最新の物件情報を集めていた。そのエリアとは新宿歌舞伎町。飲食店やオフィス、住居などさまざまなニーズがあり、若手不動産営業マンにとって経験を積むにはもってこいの場所だった。

 田中はいつものように営業車に乗って、得意先の不動産屋に図面を届けに行った。しかし、昼間とはいえそこは日本有数の歓楽街のこと、車を停めるパーキングがなかなか見つからない。仕方なく、目的地の不動産屋の向かいに車を停めた。

 「図面を届けるだけだし、いいか」

 そう思って、田中は車のカギを付けたまま、図面だけを手に不動産屋へ小走りで向かった。しかし、停めた場所がマズかった。そこは風俗店の無料案内所の入り口の前だったのだ。派手な蛍光ピンクの装飾も、急いでいた田中の目には入らなかった。

 田中が異変に気づいたのは、用事を済ませて車に戻ったときだった。いかにも、それと分かる40代とおぼしき男二人が、車の前で田中の帰りを待っていたのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


知らなきゃマズい!法律知識の新常識

「社会人必携!最低限知っておきたい法律知識」の第2弾。今回も日本全国4000名以上の弁護士が登録する法律相談ポータルサイトである「弁護士ドットコム」との共同連載企画として、社会人が普段の生活で遭遇するであろうさまざまなトラブルを法律的見地からどのように解決するか、または予防するかというノウハウを提供します。執筆陣は、実際にトラブル解決に携わった弁護士たち。弁護士だからこそ接することができる生々しいトラブルの具体例と共にお届けします。

「知らなきゃマズい!法律知識の新常識」

⇒バックナンバー一覧