ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

アベノミクスの「終わり方」を想像する

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第307回】 2013年12月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

いささか手荒な株価調整は完了
アベノミクスの「終わり」は?

 5月23日に株価・為替レートが乱高下し、「調整」と一言で言うにはいささか手荒な株安・円高局面があったが、約半年を経て、株価も為替レートも戻ってきた。こうした「気がついたら高値に戻る」といったリズム感は、大規模な金融緩和を背景とした相場としては普通のものであるように思う。

 さて、現段階で筆者は、相場・景気・経済政策いずれの点でも「アベノミクス」の「終わり」が近いとはさらさら考えていない。これは予め強調しておきたい。

 景気と物価には、目下だいたい想定通りに金融緩和の効果が表れているが、失業率がもっと下がって賃金上昇につながり、物価がはっきりとかつ継続的に上昇する条件が整うのは、早くとも来年の後半以降だろう。それまで、金融緩和を中心とした政策パッケージとしての「アベノミクス」は継続するだろうし、株価は現在「バブル」にはほど遠いし、円安にもまだまだ余裕がある。

 とはいえ、相場にも景気にもいつかは「終わり」が来る。アベノミクスの終わりがどのような形で来るのか、考えておくことは無駄ではあるまい。

 先のことなのでまったく自信はないし、全く見当違いのことを書くかもしれないとお断りした上で、考えてみたい。

 相場の世界には次のような言葉がある。「予測は難しい。特に、将来の事に関しては」。

 アベノミクスが終わる形について、筆者には起こりそうだと感じていない選択肢も含めて、現段階で5つほどの可能性が思い浮かぶ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧