ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

30代女性の4人に1人が利用!いまや食卓に不可欠の料理サイト
クックパッド社長 佐野陽光

週刊ダイヤモンド編集部
【第99回】 2010年1月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
佐野陽光
クックパッド社長 佐野陽光(撮影:住友一俊)

 きっかけはニューヨークで出会った、ある人物の“笑顔”だった。

 その日、学生だった佐野陽光は、NGO団体の一員として国連の会議に参加していた。

 並み居る世界各国の出席者たちのなかで、ひときわ輝いて見えたその人物は、モノが溢れる豊かさとはほど遠い、カリブ海の小さな島国の出身だった。

 それまで、世の中を変えたいという一心で電気自動車やエネルギーを研究するなど、さまざまな取り組みを行なってきた佐野だったが、「彼は心から納得して、ハチミツを作ったりしていた。利便性の先に、彼のような笑顔はないと思ったんです」。

 帰国後、自分はいったい何がしたいのか、あらためて考え続けた。「もっといい社会をつくろうと豊かさを追い求めてきたのに、なぜ日本には彼のような笑顔がないのだろう」。佐野は、日本でも彼のようなスカっとした笑顔を増やしたいと思った。

 今、36歳の佐野は、料理サイトを運営するクックパッドの社長だ。同社のモットーは「毎日の料理を楽しみに」。料理を楽しくすることで、笑顔を日本全国に増やしていきたい。だから同社の料理サイトには、そんな仕掛けが用意されている。

 食べた人に「おいしい」と言ってもらえたときに初めて、料理は楽しいと感じるもの。ユーザーは、自分だけのオリジナルレシピを写真付きで投稿する。その料理を作った別のユーザーが、「つくれぽ」と呼ばれるレポートをアップする。この「つくれぽ」が、レシピ投稿者への「おいしい」というメッセージになるわけだ。なかには、「つくれぽ」が約1500件に達するレシピもある。

 現在、月間800万人もの女性が訪れるそのサイトには、レシピがじつに65万品以上も登録されている。料理サイトとしては世界最大規模だ。

 20~30代女性ユーザーに至っては、551万人にも上るというから驚く。いまや、4人に1人の30代女性がクックパッドを利用しているのだ。

高い技術力で実現した検索機能へのこだわりとページ表示速度の向上

 ユーザーの多くは、夕方4~5時の忙しい時間帯に訪れる。今日の夕食をどうするか、そのヒントを得たいのだ。

 利用者の1人で今年9月に結婚した遠藤恵さん(28歳)も、帰宅は夜の8時を回るから、悩みの種は料理だった。

 そんな折、かつて同じ悩みを抱えていたという会社の先輩からの口コミで、クックパッドの存在を知った。「帰宅途中、冷蔵庫の中身を考えながら携帯電話で検索できるから、本当にラクですよ」。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧