ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
高橋洋一の俗論を撃つ!

マネタリーアプローチで読む来年の為替
円ドルレートは110円±10円に

高橋洋一 [嘉悦大学教授]
【第82回】 2013年12月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 毎年、この季節になると、来年の為替予想という依頼がくる。正直言って、統計を専門とする筆者から見れば、日々や1週間程度の超短期間の動きは、サイコロを投げて何が出ると同じランダムウォークであるので、超短期の動きにはコメントしない。

 3年程度であれば、かなりの確率でいえるので、コメントする。1年はかなり微妙だが、学者の良心をやや蔑(ないがし)ろにして、無理してコメントすることにしている。できるだけいろいろな人に経済への関心を持ってほしいからだ。その場合でも、できる限りモデルを明示して定量的に述べるようにしている。

 一方、為替相場アナリストたちは、独特の直感で話しているようだ。このダイヤモンド・オンラインでも、「為替 2013年 見通し」で検索すると、たくさん出てくる。ただし、それをみると、ほとんど当たっていない。これは名誉のためにいっておけば、日本中のほとんどのアナリストも予想を外している。もちろん、上に述べたように、1年の予測は難しい。しかし、定量分析で予想を述べている人はほとんどいないようだ。実のところ、筆者は100円程度と予想しており、ほぼ当たりである。きちんとした経済理論を学んでいれば、アベノミクスによる金融政策の変化が明確だったので、理論式通りであった。

アベノミクスと為替の
マネタリーアプローチ

 アベノミクスといっても、本コラムの読者であれば、筆者が繰り返し書いてきた世界標準の金融政策であることはお分かりいただいているはずだ。簡単にまとめれば、以下の通りである(図1)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋洋一[嘉悦大学教授]

1955年、東京都に生まれる。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年、大蔵省入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、総務大臣補佐官などを歴任したあと、2006年から内閣参事官(官邸・総理補佐官補)。2008年退官。金融庁顧問。2009年政策工房を設立し会長。2010年嘉悦大学教授。主要著書に『財投改革の経済学』(東洋経済新報社)、『さらば財務省』(講談社)など。

 


高橋洋一の俗論を撃つ!

元財務官僚の経済学者・高橋洋一が、世にはびこるもっともらしい「俗論」の過ちをズバリ解説。

「高橋洋一の俗論を撃つ!」

⇒バックナンバー一覧