ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

最大の岩盤規制は自民党税制調査会だった

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第249回】 2013年12月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 12月12日(木)に、自民党と公明党が2014年度の与党税制改正大綱を決定しました。そこから明らかになったのは、日本で最大の岩盤規制は自民党税調だということです。岩盤規制というと、改革がなかなか進まない雇用、農業、医療、教育といった分野の規制がイメージされがちですが、自民党税調はそれ以上に経済再生を妨げていると言っても過言ではありません。

軽自動車の税金だけ増税
低所得者へのしわ寄せ

 与党税制改正大綱に関して新聞報道を賑わしているのは、消費税増税に伴う軽減税率です。結局、“税率10%時に導入”、“14年12月までに結論を得る”という結論先送りの表現になりましたが、それも導入に積極的な公明党が頑張ったからに他なりません。自民党税調だけだったら、もっと導入に後ろ向きな表現で終わっていた可能性があります。

 しかし、それも変な話です。消費税増税時の低所得者対策としては、低所得者への給付金と軽減税率の2種類があります。来年4月の8%への増税の際は前者の給付金で対応(1万円)となっていますが、これは15年10月の再増税までの期間をカバーしたものに他なりません。

 つまり、自民党税調は、消費税の10%への増税は是非ともやりたいけど、その時の低所得者対策については結論を先送りしただけなのです。その理由はおそらく、低所得者への配慮よりも、時間をかけて財政負担や税収減が最小となる手段を考えるということを優先しただけです。

 一方で、自動車関連では、自動車の購入時にかかる自動車取得税を減税すると同時に、軽自動車税を増税しました。自動車の購入時に消費税と取得税がかかるという二重課税の議論から始まったはずなのに、その減税分の財源は自動車関連の他の税で取り返すという、経済全体ではなく自動車関連の狭い税の世界の中だけで帳尻合わせをする形で終わり、結果として、低所得者がもっとも使う軽自動車で増税となったのです。

次のページ>> 法人税減税を巡る顛末
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧