ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

コミケは大企業も注目する日本屈指のイベントに成長
そこへ「ディズニーが公式出展」する意義と影響は

小山友介 [芝浦工業大学システム理工学部教授]
【第47回】 2013年12月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage
同人誌を頒布しているブースの模様。内容は多くが「二次創作」だ

 二次創作の著作権法上の解釈は議論が分かれるところだが、出版社・アニメ制作会社・ゲーム制作会社といった大元のコンテンツを産み出す企業の多くは、二次創作活動に対して寛容であることが多い。こういった二次創作による作品が多くの人の目に触れたことが原因で人気に火がつくケースもある。最近の例としては、バンダイナムコゲームスの「アイドルマスター」シリーズや、角川ゲームズの「艦隊これくしょん」がそれにあたる。

 とはいえ、「キッズ・ファミリー向け」カテゴリの作品は例外的に二次創作に厳しい。「キッズ・ファミリー向け」の作品群は作品のイメージや世界観が非常に重要であることと、性的表現などが入り込むことで「子ども向けコンテンツ」という親の承認を失うことを避けるためである。

 だが、二次創作は制作側の公式な設定の範囲を無視してキャラクターを動かし、性的表現を行っている同人誌も多数ある。コミケットでの頒布物については、「犯罪」もしくは「犯罪幇助」となるものの禁止以外は特に明文化された規制はないが、コミケットで同人誌を頒布する人たち(サークル)がキッズ・ファミリー向け作品を事実上の「タブー」扱いしており、特にディズニーはタブーの最たるものと考えられている。

 このような状況において、「ディズニーがコミケットの企業ブースに出展する」というニュースが、同人誌を制作・購入している人たちに大きな驚きを与えた事は当然であるが、ディズニーが同人活動や二次創作について何らかの態度を表明したわけではない。

 ディズニーは「日本最大のコンテンツ系イベント」としてのコミケットに興味を持ったのであり、あくまでも「企業ブース」への出展であることに注意する必要がある。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

小山友介
[芝浦工業大学システム理工学部教授]

1973年生まれ。芝浦工業大学システム理工学部教授。2002年京都大学大学院博士課程修了。博士(経済学)。東京工業大学助教等を経て現職。東工大時代に経済シミュレーション研究に従事、そこで学んだコンピュータサイエンスの知識を生かしてゲーム産業研究を行なう。専門はゲーム産業を中心としたコンテンツ産業論と社会情報学。2016年6月末に『日本デジタルゲーム産業史』 (人文書院)を刊行。

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧