HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

20歳以降の10kg増に注意
今が適正体重でも糖尿病リスク

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第179回】

 20歳以降に10キログラム以上太ると、糖尿病の発症リスクが3倍になるようだ。東京大学は公衆衛生学教室の報告から。

 調査対象は、36~55歳の日本人男女1万3700人で、このうち、男性が2962人だった。健康診断の数値を5年追跡し、その間の糖尿病発症率と体重変化の関係を分析している。

 その結果、20歳以降に体重が6~10キログラム増加した人の糖尿病発症率は、2キログラム未満の人に比べて2.30倍、10キログラム以上増加した場合は、3.09倍に上昇することが示された。BMIで比較してみると、20歳からのBMI変化量が1未満の人と比較し、3~5増加で2.61倍、5以上では3.70倍と4倍近くも発症率が上昇した。

 この調査のポイントは、調査時点でBMIが20~24の適正範囲だったとしても、20歳以降の体重の変動幅が大きい場合は発症リスクが高かったこと。

 日本人は欧米人に比べて、血糖を調整するホルモンの「インスリン」を分泌する能力が低い。そのため、適正体重~小太り──とはいっても、欧米では適正範囲なのだが──で血糖値の異常が出てしまう。痩せ型といえども、油断はできないのだ。

 一昨年、筑波大学の研究者が報告した調査でも、20歳以降に一時でも20歳時の体重プラス10キログラムオーバーしたことがあると、糖尿病の発症率が上昇することが示されている。現時点で肥満(BMIで25以上)状態の場合は97%、痩せ型(BMIで18.5未満)でも、なんと72%も上昇する。

 どうやら、日本人男性は中高年期の体重云々より、若いときの不摂生が糖尿病につながるらしい。「せっかく、心を入れ替えたのに手遅れ?」と絶望してしまいそうだ。中高年で一念発起した場合は、体重を現体重の7%以上減らし、かつ「維持」することが鍵になる。適正体重の方は、筋トレで余分な糖を消費してくれる筋肉量を増やし、野菜、果物、乳製品を意識的に摂るといい。

 まずは、学生時代のアルバムを引っ張り出して眺めてみること。まるで別人のようにスマート、だったら要注意である。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

週刊ダイヤモンド

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧