ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

【「ヨーヨー・マ プレイズ・モリコーネ」】
過剰なまでに美しい旋律と比類なき芳香を放つ

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第75回】 2013年12月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 とかく世の中は複雑です。

 第二次世界大戦勃発前夜には、ドイツが仮想敵国だったソ連と不可侵条約を結ぶに至って、時の首相・平沼騏一郎は『欧州情勢は複雑怪奇なり』と叫んで内閣総辞職したような出来事もありました。

 そんな戦争の時代はさて置くとしても、グローバル化が進んだ現代では、些細な事でも、風が吹けば桶屋が儲かる式に、大きな影響を持ち得ます。地球の反対側の出来事だって瞬時に伝わり、為替レートが動き、株価が乱高下します。かつては貧しい途上国だった国も今や新興国と呼ばれ、その動向にも目配りする必要があります。

 だから、真面目なビジネスパーソンは最新の国際情勢を勉強して、緻密に出来事をフォローしたりします。世の中は簡単に白黒がつくように単純にできてないのですから。真実も神も悪魔も細部にこそ宿ります。

 しかしです。

 複雑なものを複雑に理解しようとして深みにはまってしまっては展望が拓けません。時には、大雑把に、と言って悪ければ、巨視的な視点、大局観をもって見ることで全体が見渡せて、出口が見えたりするものです。葉を見ることも木を見ることも重要ですが、森を見ることが大切です。

 と、いうわけで、今週の音盤は、現代チェロの最高峰ヨーヨー・マと映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネが共演した「ヨーヨー・マ プレイズ・モリコーネ」(写真)です。この音盤には、贅沢なほどの滋養が満ちています。そして、複雑怪奇な現状に戸惑いを感じる時に聴けば、物事の本質はシンプルなものに宿るのだ、ということが実感できます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内

ビジネス・パーソンは日夜、現場で闘って、日々、喜怒哀楽を感じる。実は音楽の現場も同じだ。だって、音楽もビジネスも、所詮、生身の人間が作る、極めて人間くさい営みだから。音楽には妙な薀蓄など不要かもしれないが、音楽が生まれる時には物語がある。それを知って聴けば、喜びが倍になり、悲しみが半分になるかもしれない。毎週1枚、心のビタミンになるような音盤を綴ります。

「今週の音盤=心のビタミン ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧