ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスの落とし穴

『思い込みによる前提違い』
~本当にそれで進めていいの?~

――「ビジネスの落とし穴」その(5)

嶋田 毅 [グロービス 出版局長兼編集長、GLOBIS.JP編集顧問]
【第5回】 2008年7月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回は、もともとの前提や文脈を離れたところで数字が一人歩きしてしまうという落とし穴を紹介した。

 今回は、もともとの前提から外れてしまうという点では前回と似ているが、その原因が「錯覚」や「ヒューリスティクス(複雑な意思決定を行う際に、暗黙のうちに用いている簡便な思考法)によるエラー」の色合いが濃い落とし穴を紹介する。

 なお、今回の記事は、『Diamondハーバード・ビジネス・レビュー別冊12月号 プロフェッショナル養成講座』に寄稿したものをベースにしている。

【失敗例】人事部長 小野氏のケース
「社長はたぶん・・・」

 中田恭子氏は、中田フードトレーディング社の社長である。同社は国内で有機野菜や魚介類の流通および外食産業向けにコンサルティングを手がけている新進企業だ。スタッフは現在100人前後で、全員が中途採用の社員もしくは派遣スタッフであった。中田氏は、会社も大きくなったこともあって、来年からは大卒採用を開始しようと考えた。

 中田氏はさっそく、人事部長である小野真樹夫氏を呼び、その計画について簡単に説明した。

小野 「では、初年度の人数はまずは2、3人程度ということですね」
中田 「ええ、当社もいまのところ知名度や採用ノウハウがないし、採った後に指導できる若手も少ないから、最初のうちは小さく始めるのがいいでしょう。かといって、1人では寂しいでしょうから、最低2人は採りたいわね」
小野 「募集はどのようにしましょうか」
中田 「まずはHPに募集を出しましょう。それ以外は、スタッフのつてを頼って、いくつかの大学に募集案内を出すのがいいでしょうね。あと、中小企業合同の会社説明会などにもいくつか参加しましょう。なるべく私自身が出向いて話をするようにするわ」
小野 「採用条件はどうしますか」
中田 「金銭面の条件を上げすぎるのはやめておきましょう。それでは大手に勝てないわ。福利厚生まで考えれば、なおさらだわ。むしろ、小さい会社だからこそ、若いうちからチャレンジができる面を打ち出しましょう」
小野 「それは賛成ですね。あと、人材要件についてはどうしますか」
中田 「やる気のある人間で、食へのこだわりがある人間であれば、『来る者、拒まず』よ。男女、大学名は関係なくいきましょう」
小野 「了解しました。その線でもう少し具体的なアクション・プランを考えてみます」

 中田氏は打ち合わせが終わると、客先に向かうべく、会議室のドアに手をかけた。そして、思い出したように小野氏に言った。

中田 「できれば、英語ができる人間がいいわね。絶対ではないけど、できればそういう人材を優先して採りたいわ」
小野 「英語ですか」
中田 「そう。よろしく頼むわね」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
嶋田毅氏の最新著書「ビジネス仮説力の磨き方」 好評につき、増刷決定!

目のつけどころがよく、独自性がある――ライバルの一歩先をいく仮説をいかにすばやく作るか。どうやって検証し、実行に落と込んでいくか。発想の幅を広げ、実現可能性を高め、走りながら仮説検証を繰り返し、いち早く実践に到達するための実践的プロセスを一挙公開。1680円(税込)

話題の記事

嶋田 毅 [グロービス 出版局長兼編集長、GLOBIS.JP編集顧問]

東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。戦略系コンサルティングファーム、外資系メーカーを経てグロービスに入社、主に出版、カリキュラム設計、コンテンツ開発、ライセンシングなどを担当する。現在は出版、情報発信を担当。累計120万部を超えるベストセラー「グロービスMBAシリーズ」や、「グロービスの実感するMBAシリーズ」のプロデューサーも務める。
グロービス経営大学院や企業研修においてビジネスプラン、事業創造、管理会計、定量分析、経営戦略、マーケティングなどの講師も務める。また、オンライン経営情報誌 GLOBIS.JPなどで、さまざまな情報発信活動を行っている。


ビジネスの落とし穴

思い込みや勘違いなどビジネスの現場に多く潜む『落とし穴』。具体的な「失敗談」を紹介しながら、クリティカルシンキングの手法を使って、落とし穴の「原因」と「解決法」を探る!

「ビジネスの落とし穴」

⇒バックナンバー一覧