ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中均の「世界を見る眼」

集団的自衛権の行使容認は慎重に
日本の安全保障体制を巡る幅広い議論を

田中 均 [日本総合研究所国際戦略研究所理事長]
【第28回】 2014年1月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

耳目を集める国家安全保障体制議論
戦後の安保体制に見る3つのフェーズ

 国家安全保障会議の創設や国家安全保障戦略策定、さらには集団的自衛権の憲法解釈変更などの動きが、耳目を集めている。

 国家安全保障体制は国の姿を変えるものであるだけに、国民の間での幅広い議論が必要である。そのためにも、日本の安全保障の考え方がどのように変化してきたのかを知った上で、今後の考え方を整理する必要がある。

 日本の戦後の安全保障政策を巡る議論は、3つの大きなフェーズに分けることができるだろう。第一のフェーズは、戦後復興期の再軍備を巡る議論である。戦後平和憲法が制定されたが、戦後の世界は朝鮮戦争の勃発やソ連との冷戦の開始が示すように、憲法9条が前提とした平和な世界ではなかった。

 そのような国際環境を前に、米国の選択はできるだけ早急に日本の復興を実現し、「西側に組み込む」ことであり、当時の首相・吉田茂の行った日本の選択は、軽武装に徹し米国に安全保障を依存し、経済再建を実現することであった。

 この選択は見事に成功し、日本はわずか23年で世界第二位のGDP規模を持つ国となった。

 安保政策を巡る第二のフェーズは、日米両国における日米安保体制の信頼性を巡る議論である。1970年代、80年代の日本の安全保障議論は、ほぼ日米同盟関係のマネジメント論であった。

 日本の経済繁栄を前に、米国内では議会を中心に「安保ただ乗り論」が勢いを増す。すなわち、日本は自国の安全保障について十分な負担をせず、米国に依存し、資金をもっぱら経済に回しているのは無責任ではないか、という議論である。

 日本においては、果たして米国は本当に日本防衛にあたるのか、日本は米国の世界戦略に利用されているだけではないか、という議論である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中 均 [日本総合研究所国際戦略研究所理事長]

1947年生まれ。京都府出身。京都大学法学部卒業。株式会社日本総合研究所国際戦略研究所理事長、公益財団法人日本国際交流センターシニアフェロー、東京大学公共政策大学院客員教授。1969年外務省入省。北米局北米第一課首席事務官、北米局北米第二課長、アジア局北東アジア課長、北米局審議官、経済局長、アジア大洋州局長、外務審議官(政策担当)などを歴任。小泉政権では2002年に首相訪朝を実現させる。外交・安全保障、政治、経済に広く精通し、政策通の論客として知られる。

 


田中均の「世界を見る眼」

西側先進国の衰退や新興国の台頭など、従来とは異なるフェーズに入った世界情勢。とりわけ中国が発言力を増すアジアにおいて、日本は新たな外交・安全保障の枠組み作りを迫られている。自民党政権で、長らく北米やアジア・太平洋地域との外交に携わり、「外務省きっての政策通」として知られた田中 均・日本総研国際戦略研究所理事長が、来るべき国際社会のあり方と日本が進むべき道について提言する。

「田中均の「世界を見る眼」」

⇒バックナンバー一覧