ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

“iPhoneで復活”の淡い夢
ドコモに何が起きているのか

週刊ダイヤモンド編集部
【14/2/1号】 2014年1月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

新OS「Tizen」搭載端末
直前の発表延期は
iPhoneの不調が理由

 2014年1月16日、NTTドコモはこの日に向けて、新製品の発表会を開こうとひそかに準備を進めていた。

 会場は、勢いがあるIT系企業の入った、東京・渋谷ヒカリエを押さえ、発表者の加藤薰社長も準備に余念がなかった。

 プレゼンだけではない。iPhoneの発売式典で、スタイリストをつけたにもかかわらず、第1ボタンまで留めた白いシャツ姿が不評だったこともあり、銀座の老舗仕立屋でジャケットを新調するほどの力の入れようだったという。

 その新製品とは、ドコモが韓国サムスン電子、米インテルらと開発を進めてきた、新しい基本ソフト(OS)「Tizen(タイゼン)」を搭載したスマートフォンだ。米アップルの「iOS」、米グーグルの「アンドロイド」に次ぐ、“第3のOS”の搭載端末として、「ドコモ側は華々しくデビューさせるはずだった」(広告宣伝関係者)。

 ところが、異変は年末に起こる。関係者に向けて案内を送る準備がほぼ整った段階で、急遽ストップがかかった。

 度重なる検討が繰り返された結果、「端末は出来上がっている」と訴える開発陣を袖にし、16日当日の幹部会議にて、導入を見送る決定を下したのだ。

 いったい何が起きたのか。実は、13年9月のiPhone導入後も、スマホの販売台数が想定ほど伸びてこなかったのだ。

 当初、人気のiPhone5sは品薄となっていた。11月に入り、在庫が潤沢になったころには需要が一巡。「11月下旬~12月前半が思ったより伸びなかった」(販売代理店幹部)。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧