ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シゴトに咲く花~輝く女性たち

司法書士・山口花さん動画
なぜ相談者に心を開かせることができるのか?
映像で見る「共感型コミュニケーション術」の魅力

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第1回・動画編】 2014年1月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
東京都日野市出身。中央大学法学部政治学科卒業。学生時代はスキーサークルに所属し、スケートも得意。現在は司法書士法人新宿事務所に籍を置き、債務整理や過払い金返還請求、不動産登記、商業登記などを幅広く手掛けている。
Photo by Toshiaki Usami

 仕事に「腕一本」でチャレンジする芯の強さを持ちながら、一方でたおやかな感性を生かしてキャリアを積み上げていく――。そんな「シゴトに咲く花」たちの生き方を見ながら、あなた自身も仕事でさらに輝く術を見つけて欲しい。

 今回は、連載第1回でインタビューを掲載した司法書士・山口花さんの取材の模様を収録した動画を紹介する。

 取材でうかがったのは、東京・新宿の司法書士法人新宿事務所。山口さんは、債務整理、過払い金返還請求、不動産登記、商業登記などを手がけている。

 彼女のモットーは、債務問題などの相談者に対してしっかりと専門家の立場から正しい対処方法を提案しつつ、「一緒に頑張りましょう」といった励ましの言葉をかけること。

 毎日、何人もの相談者と接する司法書士にとっては当たり前の相談でも、相談者にとっては一生に一度あるかないかのピンチだ。清水の舞台から飛び降りる気持ちで相談にやって来る彼らに安心してもらうためには、「寄り添う」姿勢が大切なのだという。

 一般には「男性の職場」というイメージが強い司法書士事務所で、山口さんが人気司法書士として堅実にキャリアを積み上げていける理由は、こうした女性ならではの心遣いを忘れないところにありそうだ。

 そんな「共感型コミュニケーション術」の魅力を、本人のトークや立ち振る舞いから感じ取ってほしい。(聞き手/フリーライター・宮崎智之、写真・動画撮影/宇佐見利明)

(次のページの閲覧にはダイヤモンド・オンラインの無料会員登録が必要になります)

次のページ>> 動画は次のページへ!
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


シゴトに咲く花~輝く女性たち

ともすれば画一的な仕事を要求されがちな一般企業で仕事をするばかりが、キャリアウーマンの本懐ではない。世の女性たちの目は、より自分自身の感性や強みを生かせる「本当にやりたい仕事」へと移りつつあり、従来の価値観に縛られない斬新なキャリアを積もうとする人が増えている。男性も舌を巻く難しい仕事に「腕一本」でチャレンジする芯の強さを持ちながら、一方でたおやかな感性を生かしてキャリアを積み上げている。そんな魅力的な「シゴトに咲く花」たち。彼女たちの生き方を見ながら、あなた自身も仕事でさらに輝く術を見つけて欲しい。

「シゴトに咲く花~輝く女性たち」

⇒バックナンバー一覧