ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金の教室

「外貨建個人年金保険」の驚くべき 「コスト」

生活設計塾クルー
【最終回】 2008年7月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 あるメガバンクのホームページを見ると、個人年金商品の取扱商品は、ふたつのカテゴリに分かれている。「投資型年金保険」と「定額年金保険」だ。

 投資型年金保険には変額年金保険がずらりとラインナップされている。一方の定額年金保険には、円建ての固定金利型・利率変動型個人年金のほか、違和感を禁じ得ないが「外貨建個人年金保険」もここに含まれる。

円建てでの受取額は
「為替」次第

 外貨建個人年金保険の基本的なしくみは、一般的な円建ての個人年金保険と同じだ。支払った保険料を保険会社に運用してもらい、あとで年金や一時金として受け取る。ただし円ではなく、ドルやユーロ、豪ドルなどの外貨で運用されるため、円建てよりも運用利率は高めとなる。また契約時点で将来の年金原資が決まっているから定額年金保険とされている。

 とはいえそれは外貨建てでの話であって、円での受取額はもちろん為替動向次第。外貨で受け取らないなら契約時点で受取額はわからず「定額」にはならない。さらにこの商品では、契約時、運用時、そして年金受取中など、タイミングに応じて驚くほどのコストが差し引かれることを、具体的に知っておく必要がある。

多くのコストが差し引かれ、
円安メリットを享受できない可能性も

 ある商品を例に見てみよう。わかりやすいよう、円換算した金額も随時入れているが、為替は常に1ドル=100円である場合のシミュレーションである。

◎外貨建て個人年金保険コストの一例
◎外貨建て個人年金保険コストの一例

 契約時、一時払保険料として10万ドルを支払う。ただし円を米ドルに換える時に為替手数料<(1)6万円=60銭×10万ドル >が外枠でかかり、さらに一時払保険料の6.5%<(2)65万円=10万ドル×6.5% >が契約時諸費用として差し引かれるため、93500ドルから運用がスタートだ。1006万円の元手に対し、スタート時点ですでに71万円のコストがかかっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
生活設計塾クルーの人気著書「お金はこうして殖やしなさい[新版]」好評発売中!

株、投信、生命保険、年金、住宅ローンまで、いまどきお得な金融商品の選び方を詳細解説。 1470円(税込)

話題の記事

生活設計塾クルー

特定の金融機関に属さない独立系ファイナンシャルプランナー集団。経験に裏打ちされた独自の視点で、一人ひとりの将来設計に応じた資産運用や保障設計のアドバイスを行なう。また、セミナーや執筆活動も幅広く展開。金融・経済、金融商品、社会保険等について中立の立場から情報を発信している。生活設計塾クルーのウェブサイト


お金の教室

資産運用から保険、住宅ローン、年金まで、人生設計に必要なお金にまつわる情報をわかりやすく解説。独立系ファイナンシャルプランナーならではの「中立」な立場で語ります。

「お金の教室」

⇒バックナンバー一覧