ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社長のための黒字の教科書 小さな会社の財務改善70のテクニック
【第1回】 2014年2月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
森岡 寛 [キャッシュフローマネジメント株式会社/財務マネジメント株式会社代表取締役]

あなたは黒字社長? それとも赤字社長?

1
nextpage

これまで10年で100社以上の中小企業を倒産の危機から救ってきたキャッシュフローの専門家・森岡寛氏が「赤字経営から脱却して黒字基調の会社になるコツ」について、全5回にわたり解説します。第1回は「赤字社長と黒字社長を分けるものは何か?」です。

「社長」と聞いて何を連想しますか?

 あなたは「社長」と聞いて何を連想されますか?

 事業が順調にいき、業務は社員に任せて社内にはほとんど不在。同業者との勉強会や異業種交流会に時間を割き、毎晩のように飲み歩き、高級外車を乗り回し、リッチで自由な生活を満喫している……。

 そんなことを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

 世間では、始業時間に遅れて出社することを「社長出勤」「重役出勤」などと言うぐらいですから、現場で働いている一般社員から見れば、「社長って良いな」「ラクな仕事だな」と考える方も多いかもしれません。

 ところが、現実は大きく異なります。

 ひとたび会社経営が傾くと、役員報酬が取れなくなるのはもちろんのこと、自分の預貯金を取り崩して会社の資金繰りを補てんしないといけません。

 銀行融資を受けるにあたっては、自宅や預金を担保として要求されることもあります。

 また、住宅ローンを組もうとしても、社員であれば源泉徴収票を出して審査を受けるだけですが、社長の場合はそうはいきません。源泉徴収票はもちろんのこと、過去3期分の会社の決算書も提出して個人と会社の双方で審査されることになります。

 おまけに、会社の業績が良くなければ、いくら年収が高くても住宅ローンの審査で断られたり、金利が上がることもあるぐらいです。

 なぜ、このように、社長に対する評価は厳しいのでしょうか?
 答えは、日本における黒字申告の割合が示しています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


森岡 寛(もりおか・ひろし) [キャッシュフローマネジメント株式会社/財務マネジメント株式会社代表取締役]

1974年生まれ。高知県高知市出身。実家は製麺卸売業を営む。近畿大学在学中、会計学研究会に所属し、管理会計の研究に従事。卒業後、会計事務所勤務を経て、2003年起業。 起業後は、東京・大阪で中小企業のキャッシュ・フロー改善に特化した財務コンサルティングを展開。 現在は「キャッシュフローの専門家」として、講演・執筆・コンサルティング業務に従事する一方、ITツールを活用してワークライフバランスの充実に努めている。妻と子供2人の4人家族。 著書に『マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本』、『社長のための黒字の教科書』(ともにダイヤモンド社)がある。
http://www.cashflow.co.jp
http://www.zaimu.net

 


社長のための黒字の教科書 小さな会社の財務改善70のテクニック

中小企業の経営者のいちばんの悩みは、「資金繰りなどのお金の不安がなくならないこと」。10年で100社以上を倒産の危機から救ってきた財務のプロが明かす、会社を黒字にするとっておきのノウハウ。(1)経営者の心構え、(2)損益管理、(3)資金管理、この3つのポイントに留意することで、1000万円〜1億円を超えるキャッシュフロー改善効果が見込め、赤字体質から脱却できる。

「社長のための黒字の教科書 小さな会社の財務改善70のテクニック」

⇒バックナンバー一覧