ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
知らなきゃマズい!法律知識の新常識

「内定辞退に応じないなら、取り消す!」
学生よ、絶望するな! 法律で内定は守られる

大西信幸[弁護士]
【第13回】 2014年2月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2月末になり、年度末/新年度が近づいてきた。厳しい就活戦線をくぐり抜けて、晴れて内定を得た学生たちにとっては、新たな生活、環境、先輩や上司と出会う時ももうすぐだ。しかし、そんな期待を吹き飛ばすことも起こりうる。それが内定取り消しや、辞退を促さざるを得なくなるケースだ。業績の急速な悪化を理由とすることがほとんどで、ある意味仕方がないとも言えるが、学生にとってはたまったものではない。卒業間近になって取り消されても、すでにどの企業も採用活動は一つ下の学年を対象にしている時期だからだ。では、内定取り消しや辞退を促された学生はどうすればいいのか。詳しく解説してもらった。(弁護士・大西信幸、協力・弁護士ドットコム

正月早々かかってきた
内定取り消しの電話

 「私は現在、私立A女子大学経営学部に通っている4年生です。先日、内定先の会社から内定取消通知を受けました。いったい、どうしたらいいか……」

 相談に訪れた佐藤さん(仮名、22歳女性)は、一見するとごく普通のどこにでも居そうな大学生。真面目、誠実という言葉がぴったりな雰囲気です。しかし、どこか表情は暗く、困り果てた様子でした。

*  *

 私は、かねてから出版業界に興味があり、大学3年生の12月以降、必死で就職活動を続けてきました。昨年の10月1日、出版社のY社から内定通知をいただくことができました。

 念願の出版業界への内定が決まってからは就職活動をやめ、ゼミ、サークル、アルバイトなど、残りわずかな大学生活を満喫していました。後は、大学の卒業を待つばかりでした。

 しかし、今年の正月休み明け、Y社の人事担当者から携帯電話に連絡があり、「会社の経営状態が悪いから内定を辞退してほしい」と言われました。

 私は、突然のことに驚きながらも、「少し考えさせてほしい」と言って電話を切りました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


知らなきゃマズい!法律知識の新常識

「社会人必携!最低限知っておきたい法律知識」の第2弾。今回も日本全国4000名以上の弁護士が登録する法律相談ポータルサイトである「弁護士ドットコム」との共同連載企画として、社会人が普段の生活で遭遇するであろうさまざまなトラブルを法律的見地からどのように解決するか、または予防するかというノウハウを提供します。執筆陣は、実際にトラブル解決に携わった弁護士たち。弁護士だからこそ接することができる生々しいトラブルの具体例と共にお届けします。

「知らなきゃマズい!法律知識の新常識」

⇒バックナンバー一覧