HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

ひきこもり当事者たちが対話の中心にいる。
イベントで感じた、人とのつながりが生む“化学変化”

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第187回】

支援者中心のイベントから
当事者と経験者が積極的に発言する場に

 少しずつ何かが変わり始めているような、そんな空気を感じている。

 最初は、カタチにこだわっていたものでも、細々と継続していくことによって、参加者たちの思いを投影しながら、自然な居心地のいい中味へと進化していくものなのだろうか。

 多様な人たちが対等な立場で「引きこもり問題」に向き合い、対話を通して新たな未来の仕組みを創り出そうという場である『ひきこもりフューチャーセッション「庵 -IORI-」』も、偶数月の第一日曜日に開催してきて、まもなく1年半を迎える。

 2月2日(日)、都内の目黒区中根住区センターで行われた9回目となる庵セッションには、約70人が参加。その中には、「勇気を出して、初めて来てみました」という引きこもる当事者や、いまは働いているものの「気持ちは引きこもる人たちとほとんど変わらない」「ずっと孤立している」といった「当事者性がある」と自覚する人たちの姿も目立った。

 今回が2回目の参加だという経験者は、「夏頃、庵に来たときは、支援者っぽい人が多くいて、名刺交換会みたいで違和感があったけど、今日来てみたら、当事者率が高くて、参加者の層が変わっていた」と驚いていた。

 いわれてみると、この日の参加者は、当事者と思われる人たちが多くを占めているようだった。逆に、一般の「引きこもり」系イベントでは圧倒的に数の多い親御さんは、庵では少数派のため、隅っこのほうで遠慮しがちに当事者や経験者たちの話し合いに耳を傾けていた。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧