ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【日本板硝子】
欧州で大リストラ断行
当面の破綻危機回避も依然険しい再生の道程

週刊ダイヤモンド編集部
【第156回】 2014年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

一時は破綻危機がうわさされた日本板硝子。リストラ効果も出てきて、ようやく業績は底を打って回復基調にあるものの、有利子負債の金利負担がのしかかり、再生の道はなお険しい。

 「小が大をのんだ」ことで話題となった日本板硝子による英ピルキントンの買収から8年。業界6位が3位をのみ込んだ買収劇が今なお、日本板硝子を苦しめている。

 買収効果は当初、大きく見えた。両社のシェアを合わせると建築用ガラス、自動車用ガラスで世界トップクラスのシェアを確保する。しかし売上高が2倍以上というピルキントンを6000億円超で買収したことで、有利子負債が一挙に増加して金利負担が重くなった。

 さらに悪いことに、2008年にリーマンショック、10年には欧州危機という大きな景気後退を受けて板ガラスの需要が激減した。特に売上高の約40%が集中する欧州は落ち込みが激しく、利益率は大きく減少。図(1)のように過去5年のうち4年は当期赤字に転落した。「依然として需要は歴史的な低水準」(ガラス業界関係者)という欧州の建築用ガラスについては、図(2)のように売上高はほぼ半減してしまった。結果から言えば、日本板硝子はピルキントンを高値つかみしてしまったのだ。

 当然、財務状態も大幅に悪化した。13年3月期の売上高5213億円に対して、有利子負債は4478億円と高水準だ。図(3)のように、有利子負債から現預金などを差し引いたネット有利子負債も増加傾向にあり、13年12月末には円安が進んだことで海外での有利子負債が膨らんで3999億円になった。収益力を示すEBITDA(のれんなど償却前営業利益)の何倍であるかを計算すると、8.1倍だ。「金融機関が安心して融資するのは3倍程度まで。5倍を超えると相当慎重になる」(メガバンク関係者)というから、完全に危険水域に達している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧