ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

大学発ベンチャー向け官製ファンドが引き起こす
ガバナンス問題と民業圧迫のリスク

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第259回】 2014年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2月7日にこのコーナーで、文科省版の官製ファンドである「官民イノベーションプログラム」(国立4大学に計1000億円の国費を投入して学内にベンチャーファンドを創設し、産学共同の大学発ベンチャーに資金を投下)の問題点を指摘しました。その後、ケーススタディとして東大について情報収集を続けたところ、官製ファンドの問題点が改めて明確になりました。それは、ガバナンスの重要性と民業圧迫のリスクです。

ガバナンス軽視の人事異動?

前回説明したように、文科省の「官民イノベーションプログラム」の概要は図のようになっています。基本的には大学内に国費でベンチャーファンドを設置するのですが、その業務が適正に行なわれるよう、実務面では執行サイド(共同研究推進グループ)と監督サイド(共同研究・事業化委員会)が分けられています。

前回は、4大学とも同一人物(担当理事)がその両サイドに関与しようとしており、利益相反の可能性があることを指摘しましたが、これに関連して東大では不思議な動きがありました。監督サイドのメンバーの1人であった産学連携担当理事が異動となり、後任には学外出身の別の理事が就任したのです。

 もちろん後任の方は経歴的には非常に立派な方であり、一見すると監督サイドの強化に取り組んだ人事異動にも見えるのですが、色々と情報を収集するとどうも現実はだいぶ違う可能性があります。

 そもそも巨額の公費による産学連携型の出資事業であるこのプログラムを運営するに当たり、産学連携担当理事は、執行サイド、監督サイドのいずれの立場に立つにせよ、非常に高度の専門性が要求されます。大学発ベンチャーが対象なのでシーズ段階の技術に投資することを考えると、技術や研究者に対する知見・眼力、ベンチャーキャピタルに関する金融的な知見、更にはベンチャーの経営に関する知見が必要です。また、官製ファンドであることを考えると、公共政策に関する高度な知見も必要となります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧