ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
石川和男の霞が関政策総研

料金上昇懸念を無視する“ガスシステム改革”
「料金規制」の撤廃で漂浪する消費者利益

石川和男 [NPO法人 社会保障経済研究所代表]
【第16回】 2014年3月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 経済産業省では現在、総合エネルギー調査会・ガスシステム改革小委員会において、都市ガス小売の参入面や料金面での全面自由化など“ガスシステム改革”と呼ばれる制度変更のための検討が進められている。

 これまでの審議経過では、大手ガス事業者から中小ガス事業者までの全員が、全面自由化に賛意を示しているようだ。今後、都市ガス事業に新規参入しようとする他のエネルギー産業(LPガス会社、石油会社、電力会社など)や消費者団体からも、意見を聴くものと予想される。

 去る2月28日、電力小売の参入全面自由化を旨とする電気事業法変更案が閣議決定された。これは“電力システム改革”と呼ばれる一連の法律変更の一環。ガスシステム改革の議論が始まったのは、“電力をやるのだからガスもやれ”といった、いわば電力システム改革の煽りを受けたようなものだ。

 ガス事業法と電気事業法は、ともに公益事業規制としての建て付けで似たもの同士。今回の電気事業法変更案の構成に倣いながら、ガスシステム改革のためのガス事業法変更案がどのような内容になるのか、主な項目について現時点での筆者の試案を文末に提示した。

 その点では、2013年12月2日付けの拙稿で示した筆者の政策思想とは隔たりのある部分が少なからずある。この試案のうち特に重要と考えられる項目に関して、今後さらに検討すべき論点を以下に提示しておきたい。

【論点1】
“機能別規制”と“法的分離”

 電気事業法変更案では、2018年以降に“発送電分離”(送配電部門の“法的分離”)をする前提で、“機能別規制”が提起されている。電気とガスの商品特性や市場構造の相違などを全く考慮せず、ただ形式的に電気事業法変更案の「電気」を「ガス」に置き換えてガス事業法変更案を書いてみると、制度として全く使い物にならない非現実的な面がいくつも出てくる。

 一方で、機能別規制によりネットワーク(導管)や小売に係る機能別規制をガス事業法に組み入れない理由が、見当たらなくなることも確かだ。たとえば、ネットワーク規制が強く残るほど、首都圏での稠密なガス導管事業分離への道筋も見えてくる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石川和男 [NPO法人 社会保障経済研究所代表]

1989年3月東京大学工学部卒業。同年4月通商産業省(現経済産業省)入省。資源エネルギー庁、生活産業局、環境立地局、産業政策局、中小企業庁、商務情報政策局、大臣官房等を歴任。2007年3月経済産業省退官。08年4月東京女子医科大学特任教授(~10年3月)。09年1月政策研究大学院大学客員教授。09年4月東京財団上席研究員。11年9月NPO法人社会保障経済研究所代表。ツイッター:@kazuo_ishikawa ニコ生公式チャンネル『霞が関政策総研』、ブログ『霞が関政策総研ブログ』


石川和男の霞が関政策総研

経済産業省の元官僚として政策立案の現場に実際に関わってきた経験と知識を基に、社会保障、エネルギー、公的金融、行政改革、リテール金融など、日本が抱えるさまざまな政策課題について、独自の視点で提言を行なっていく。

「石川和男の霞が関政策総研」

⇒バックナンバー一覧