ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
英語は日本語で学べ! 留学なしで話せるようになった私の“現実的な”学習法
【第3回】 2014年3月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
多田佳明

「不合格」になって気づいた
スピーキング力を伸ばすために
絶対必要なこと

1
nextpage

留学なしで話せるようになった英語の達人が教える、日本で、日本語で生活する人のための“現実的な”学習法。英語で英語を理解する必要なし! 英会話スクールも必要なし! 「英語脳」なんてナンセンス! 連載3回目の今日は、『英語は日本語で学べ! 留学なしで話せるようになった私の“現実的な”学習法』の著者が、スピーキング力を伸ばす方法を解説します。

わたしが2次試験(スピーキング)で落ちたわけ

 わたしは、留学はおろか、観光旅行を含めた英語圏での滞在経験のないまま英検1級に合格していますが、実は、2次試験(スピーキング)には一度落ちています。

 英検1級の2次試験の内容は、「時事問題や国際関係などの与えられたテーマから1つ選び、2分間のスピーチをして、スピーチに関連する面接官からの質問に答える」という形式です。
 初めて受験したのは大学受験生のときですが、ほとんど実のあるスピーチができず、不合格でした。

 それもそのはずです。
 問題のテーマに挙げられる「科学の発展は常に有益か」なんて、当時、日本語でも考えたことがなかったからです。

当たり前ですが、日本語で言えないことは、英語でも言えません。

 そこで、1回目の試験に落ちてからというものの、日々、日本語の新聞や雑誌、テレビなどを通じて時事問題や国際関係に触れて、自分なりの考えを持つように努めました。
 英語でスピーチをする前に、まずは“日本語”で考えて自分の意見を持つようにしたのです。
 それから英語でも言えるように練習して試験に臨んだところ、2回目で合格することができました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


多田佳明 

 

1976年生まれ。慶應義塾大学、東京外国語大学(英語専攻)出身。在連合王国日本国大使館(イギリス、ロンドン)に駐在の後、出版社勤務を経て編集者。旅や教育に関するコンテンツの企画、制作を行う。2008年より認定NPO法人多文化共生センター東京にて外国にルーツを持つ子どもたちの就学支援を行う活動に参加し、2011年より理事。

 


英語は日本語で学べ! 留学なしで話せるようになった私の“現実的な”学習法

日本で日本語を使って生活する人が英語をマスターするにはどうしたらいいか、現実的な学習法を紹介します。「英語で英語を理解する」「英語脳を獲得する」などの耳障りのいい言葉は忘れてください。日本語を排除した学習法ではかえって遠回りになります。英語脳、英会話スクール、BBCやCNNなどの海外メディアは必要なし! この方法で今度こそ英語を身に付けましょう。

「英語は日本語で学べ! 留学なしで話せるようになった私の“現実的な”学習法」

⇒バックナンバー一覧