ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

実はよくわからない“ビットコイン”の正体を検証
信用の裏付けなき仮想通貨が広まる不思議とリスク

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第318回】 2014年3月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

マウントゴックス社の破綻を機に検証
通貨や金と切り離された不思議な仮想通貨

 マウントゴックス社の破綻をはじめ、最近「ビットコイン」に関して一種の騒動が発生している。ビットコインとは、インターネット上で取引される“仮想通貨”あるいは“デジタル通貨”と呼ばれる、お金の代替物のようなものだ。

 そう言われても、おそらく多くの人にはピンと来ないだろう。ビットコインとはそもそもどんな通貨なのか。今回は、筆者なりにわかり易くその「正体」を検証したい。

 ごく簡単に言えば、黄金色に輝く“金”を思い浮かべるとわかり易い。“金”は万人にとって魅力のあるもので、目の前にあれば誰でも欲しがる。そのため需要が常に存在し、その価値はドルや円などの通貨と比較してもとても安定している。

 しかし“金”は通貨ではない。考えようによっては“金”は欲しい人が多いがゆえに、お金よりもより広い意味で通用力が高いとも言える。かつては特定の通貨と“金”との交換を保証することで、特定の通貨の価値を維持する「金本位制」という仕組みもあった。

 ところが、現在のように経済規模が大きくなると、限られた量の金に頼って通貨の価値を安定させることが難しくなり、通貨と“金”とは切り離された存在になっている。

 翻って、ビットコインは“金”とは異なり万人が欲するものではないが、インターネットのユーザーらの間では、一時期強い需要があり、その価値も高まった。その頃には、インターネット上の“金”のような役割を果たしていたこともある。

 ビットコインのもう1つ重要な特徴は、世界的に拡大しているITのバーチャル世界の要素と、金融の分野にまたがった一種独特な産物であることだ。

 ビットコインは、実際に紙幣や硬貨が発行されているわけではなく、見ることも触ることもできない。また、その取引は国や銀行のシステムを通っているわけではなく、各インターネットユーザーがネット上で自由に取引することが可能だ。そのメリットは小さくはない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧