ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
職あれば食あり

理由は「カネがないから」ではなかった!
なぜか急増中の若手批評家が飯を食わないワケ

まがぬまみえ
【第53回】 2014年3月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「これは批評家に限らずではありますが」と断った上で、若手批評家の田中二郎さん(仮名、30代)が言う。

 「もの書き業は全般に、文のプロレタリアートです」

 身も蓋もないが、そういう側面は否めない。にもかかわらず、批評の世界だけはクビを傾げたくなる現象も起きている。

 「どういう訳か、なりたい人はたくさんいるんですよ」

 養成講座を開くと、たちまち数十人の若者が押し寄せる。マーケット的に言えば、需要はないのに供給ばかりが増えている状況だ。

 「なんか、ヘンですね」

 「そうなんです」

ネットのおかげで門戸は広がったが…
デビューしても批評だけじゃ食えない!

 考えられる理由の1つは、デビューする手段の多様化だろう。批評家になるにはかつて、2つの方法しかなかった。

 「1つは文芸誌や論壇誌などの新人賞に応募すること。それと、もう1つはコネですね」

 「コネ?」

 「出版社でアルバイトをするんですよ。僕のまわりは、そういう人多いです。批評というよりも、ライター仕事ですね。テープ起こしとか、インタビュアーみたいなことをしているうちに、編集者と知り合いになって、『おお、お前、文章書けるじゃないか!』と気づいてもらい、そのうち何か書かせてもらう。基本的にはこの2つしかなかったんです」

 ところが、21世紀に入り、もう1つの選択肢があらわれた。インターネットのブログや掲示板、有力な若手評論家の発行するメールマガジンなどで批評を書き、それが編集者の目に留まり、デビューへと至るケースが増えてきたのだ。

 「ツイッターでリプライしておもしろいことを書いたら、『君、書いてみない?』と声をかけられることもありますからね」

 「ある意味、健全になったということでしょうか?」

 「健全は健全ですね。コネがなくてもおもしろいものを書けば、デビューできるわけですから」

 ただし、問題はそこからだ。

 「デビューしても、文筆だけで食えるのは一握りでしょう。どの世界も同じだと思いますけれど、デビューするのは簡単でも、続けていくのは難しいんです」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


職あれば食あり

人は食べるために働くのか、それとも、働くから食べなければならなくなるのか。そんな素朴な疑問を解き明かすべく、さまざまな職業に従事する人々のランチと人生を追いかける。「職」と「食」の切っても切れない関係を解きほぐす、お仕事紹介ルポ。

「職あれば食あり」

⇒バックナンバー一覧