ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第40回】 2014年3月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

今後のキャリアは最初の1年で決まる!
新卒社員が今こそ読むべき良書2冊
『入社1年目の教科書』『20代のいま、やっておくべきお金のこと』

1
nextpage

4月からいよいよ新年度が始まります。新卒にとって入社1年目というのは、信頼に足る人物かどうか値踏みされる重要な時期。ここをうまく乗り切れるかどうかでその後のキャリアは大きく左右されます。今回ご紹介するのは、そんな時期こそ読みたい『入社1年目の教科書』『20代のいま、やっておくべきお金のこと』です。

新卒1年目は
「人物を値踏みされる時期」

『入社1年目の教科書』2011年5月刊。水色のさわやかな装丁は、フレッシュな印象を与えます。

『入社1年目の教科書』が出版されたのは2011年春。その後着実に版を重ね、今年3月には発行部数が20万部を超えました。もちろん本書を一読、あるいは熟読したからといって、明日から仕事がバリバリできるようになるわけではないし、専門的なスキルが身に付くわけでもないでしょう。11年春に社会人13年目を迎えた著者の岩瀬大輔氏が随所で主張しているのは、社会人として「入社1年目」に勝る重要な時期はない、ということです。

 新卒入社や転職初年度の社員に対して、受け入れ側が最初に持つのは、優秀な人物かどうかという視点ではありません。
「社会人として当たり前のことを、ちゃんとやれる人物か」
 人物を値踏みする目が注がれていることを強く意識してください。最初が肝心です。新人時代の印象でその後のキャリアが決まると思って行動してください。(21ページ)

 繰り返しますが、社会人としての「勝負どころ」は初回です。
 入社1年目、転職1年目、異動による着任初日など、最初に訪れる機会です。
 ……人間が抱くすべての印象は、初めての機会で形成されます。そして、それを覆すのは至難の業です。逆に考えると、最初に良い印象を与えられれば、次の仕事の依頼は難なく回ってきます。そこで良い仕事をすれば、さらにダイナミックな仕事を任せてもらえる機会が訪れ、その人は急速に成長していくのです。(229~230ページ)

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

1978年ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て、現在は書籍編集局担当の取締役兼論説委員。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧